NEWS
2018年01月25日 13時12分 JST | 更新 2018年01月25日 16時20分 JST

京都大学で戦争勃発、2つの食堂が仁義なき戦い。互いを煽るポスターがなんか面白い

まさに「南北戦争」だ。

西の名門・京都大学。ここにある2つの食堂の間で、仁義なき戦争が勃発しました。

京都大学・吉田キャンパス。1897年の大学創立以来、京大を象徴するこのキャンパスは南北に長いつくり。公式サイトでは「7つの構内に分かれている」と紹介しています。

この吉田キャンパスにはいくつかの食堂やカフェテリアがあり、今回戦火を交えているのが、キャンパス最北にある「北部食堂」と医学部構内にある「南部食堂」です。

s-coop.net
【戦況図】北部食堂と南部食堂、陣営の位置関係。*一部編集部で加工しました。

■...で、なにがあったの?

吉田キャンパスでは「北から南にかけて、食堂がまずくなる」という噂があるそうです。

実際にTwitterを眺めてみると「北高南低」「炒め物は北部の方が圧倒的にうまかった」と、北部食堂を称える投稿が散見されました。

調べてみると、北部側には農学部があるため、研究室でとれた農作物もメニューに活かしているそうです。兵站と地の利は、どうやら北部側が有利のようですね。

それだけではありません。「南部食堂に勝ち目ない」「人手不足で回転率遅いのをなんとかしろ」「メニュー増やして。食器返却で水はねしないようにして」など、南部食堂に対して厳しい言葉も並んでいました。

挙句の果てには「南部食堂ってどこ」と、その存在すら認知していない思われる投稿もありました。大丈夫か、南部食堂...。

■南部食堂「うわさはあくまでうわさです(笑)」

こうした噂に対して、南部食堂の店長は「うわさはあくまでうわさです(笑)ぜひ一度は南(部)にも足を運んでください!」と、来店を呼びかけます

ここに、仁義なき「南北戦争」が勃発しました。

対決にあたって、南部・北部ともにポスターを作成。そこには、2015年に話題になった「早慶戦」のポスターを彷彿とさせるつくりで、こんな言葉がかかれていました。

<南部食堂>

 「ちょっと 北からウマイって誰が決めたワケ?!」

 「積年の思い」

 「汚名返上」

 「基本のメニューは全食堂共通のはず」

 「まずはドリアを食え 話はそれからだ」

 「オムライスくらいうちにもあるわ!」

<北部食堂>

 「え!?南がいまさら張り合えるとでも?」

 「負けられないプライド」

 「恵まれた土地」

 「ふんわりトロトロオムライス」

 「とりあえず天津飯食べていけ」

 「圧倒的営業時間」


......部外者にはなんだかよくわからないけど、勢いだけはなんとなく伝わってきます!

ではここで、食堂の実際のメニューをご紹介しましょう。

まずは南部から。​​

寒い冬に鍋物、いいですね。ぼっちの私としては、一人鍋は魅力。

そして北部がこちら。

うわあああ。ふわとろオムライス美味しそおおおおお。

ポスターを紹介したのツイートは、Twitter上でも話題に。北部食堂の担当者はハフポスト日本版の取材に対し「フォロワーさんが増えて驚いています(笑)」と、思わぬ反響にびっくりの様子でした。

この仁義なき「南北戦争」、軍配はどちらにあがるのでしょうか。

【注】:今回の対決は、北部食堂と南部食堂の店長さんが学生さんと一緒に企画した、いたって平和なキャンペーンです。