政治
2018年01月29日 10時28分 JST | 更新 2018年01月29日 10時28分 JST

日中外相会談、河野太郎氏「信頼関係を強化していきたい」 中国も歓迎 

会談は約2時間半に及び…

​​​​​​​

EPA=時事
会談前に握手する河野太郎外相(左)と中国の李克強首相=28日、中国・北京

河野氏「関係改善進めたい」、中国も歓迎 日中外相会談

就任後初めて中国を訪問した河野太郎外相は28日、北京の釣魚台国賓館で王毅(ワンイー)外相と会談した。河野氏は日中平和友好条約締結40周年を迎えたことに触れ、「全面的な関係改善を進めていく中で信頼関係を強化していきたい」と呼びかけた。王氏も「関係の改善と発展は両国の利益に合致する」と歓迎。両氏は日中首脳の相互訪問を着実に進めていくことも確認した。

日本の外相が訪中するのは約1年9カ月ぶり。両氏の会談は約2時間半に及び、その後約1時間の昼食会でも意見を交わした。

会談の冒頭、王氏は河野氏の訪中を評価しつつ、日中の現状について「積極的な進展もあるが、同時に少なくない妨害や障害もある」と指摘。安倍晋三首相が国会の施政方針演説で交流強化など関係改善を訴えたことに言及し「言葉で表したことを実際の行動に移すよう望む」と注文した。

一方、河野氏は「(東シナ海で)日中関係の改善を阻害しかねない事態を引き起こすべきではない」と、尖閣諸島沖の日本の接続水域で中国軍の潜水艦が潜没航行した問題に言及し、再発防止を求めた。そのうえで両氏は、東シナ海の海空域で偶発的な衝突を避けるため、両国間で大筋合意した防衛当局間の連絡体制「海空連絡メカニズム」を早期に運用開始できるよう努力することを確認した。

(朝日新聞デジタル 2018年01月28日 19時27分)
関連ニュース