NEWS
2018年01月29日 11時15分 JST | 更新 2018年01月30日 10時41分 JST

日ハム中田選手、インスタ初投稿でさっそく話題に 爆笑写真で「つかみ」バッチリ

開始から2日でフォロワーもう14万人に

プロ野球日本ハムファイターズの中田翔選手がInstagramにある写真を投稿して話題になっている。4枚の連続写真になっているので、矢印で順を送って見て欲しい。

インスタ始めました!! この写真面白いから見てみて!! #中田翔

Sho Nakata6さん(@shonakata_official)がシェアした投稿 -

中田選手は1月27日、「北のジャイアン」と称してInstagramを始めたばかり。最初に投稿したのがこの写真とあって、ユーザーの「つかみ」は抜群。6万8000超の「いいね!」を獲得し、フォロワーは1月29日現在、14万人となっている。

それにしてもなぜ優勝旗が折れたのか。詳しい当時の状況について、ハフポスト日本版は中田選手が在籍していた大阪桐蔭高校に確認した。

同校によると、「事件」は2007年7月7日に起きたという。この日は全国高校野球選手権大阪大会の開幕式を翌日に控え、大阪市西区の京セラドームでリハーサルをしていた。

大阪桐蔭高校は前年に優勝しており、開幕式で返還する予定の優勝旗を持参して臨んだ。中田選手は3年生で、主将ではなかったものの、リハーサル中に優勝旗を持っていたところ、柄の部分にひびが入っており、突然折れたという。

その瞬間をスポーツ紙のカメラマンがとっさに撮影。当時、記事にもなったという。

中田選手は広島市出身で、大阪桐蔭高校に進学し、1年生からレギュラー出場。バッターとしてだけでなく、一時はエースとしても活躍した。その時バッテリーを組んでいたのが、埼玉西武ライオンズの岡田雅利捕手で、Instagramでも中田選手に向かって右側に写っている。

【UPDATE】

1/30 AM10:37 優勝旗が折れた当時の状況について大阪桐蔭高校に取材ができたので追記しました。