NEWS
2018年01月30日 11時20分 JST

コインチェックを、麻生太郎・金融担当相が批判「常識に欠けておるかな、という気がしますな」

流出の原因や顧客対応についての説明がはっきりせず、金融庁は処分に踏み切った。

コインチェックに麻生氏「常識に欠けておるかな」

 「常識に欠けておるかな、という気がしますな」。麻生太郎金融担当相は29日の衆院予算委で問題を起こしたコインチェックを批判した。金融庁は28日に同社幹部を呼んで事情を聴いたが、流出の原因や顧客対応についての説明がはっきりせず、処分に踏み切った。再発防止策などを来月13日までに報告するよう求めた。

 金融庁は昨春に改正資金決済法を施行し、世界に先駆けて仮想通貨取引所に登録制を導入した。昨年8月には取引所の監視に特化した30人規模の専門チーム「仮想通貨モニタリングチーム」を組織し、目を光らせてきた。

 すでに16業者が登録された一方、金融庁はコインチェックにはマネーロンダリング(資金洗浄)への対策などが不十分だと指摘し、昨年9月の申請後、今なお登録を認めていない。「みなし業者」として営業を認める中で安全管理の不備を突かれた。同庁幹部は「こうした事態が十分あり得るからこそ、厳しく監督してきたのだが」と肩を落とす。

(朝日新聞デジタル 2018年01月30日 08時28分)

関連ニュース