NEWS
2018年01月30日 11時15分 JST

蔵王山で火山活動に高まり 山頂の南側が隆起

気象庁が火山活動の推移を見守るよう注意を呼び掛けています。

時事通信社
蔵王山

噴火から一週間が経った群馬県の草津白根山に続いて、宮城県と山形県にまたがる蔵王山でも火山活動が高まりが起きている。

気象庁が1月30日、蔵王山で火山性微動が観測されたと発表した

火山性微動は、マグマや熱水の移動したことで発生する地面の連続した震動。仙台管区気象台によると、28日午後7時28分と30日午前0時44分にそれぞれ1回観測された。

火山性微動の観測は、2017年4月3日以来となり、気象庁が今後の火山活動の推移を見守るよう注意を呼び掛けている。

傾斜計による観測で、山頂の南側が隆起するわずかな地殻変動が確認されており、30日午前4時現在も継続中だ。

噴火の危険性を表す噴火警戒レベルは、「活火山であることに留意」を示すレベル1を継続する。

また、御釜周辺にある馬の背カルデラでは、噴気や火山ガスの噴出がみられており、異変を感じた場合は速やかに離れるよう気象庁が呼び掛けている。