NEWS
2018年02月01日 11時15分 JST

女子高生が85歳運転の車にはねられ死亡 前橋

死因は低酸素脳症だった

重体の女子高生1人が死亡 85歳運転の車にはねられる

前橋市内の県道で1月9日朝、自転車の女子高生2人が乗用車にはねられ、重体になった事故で、群馬県警は31日、同市の高校1年、太田さくらさん(16)が同日午後6時20分ごろ、死亡したと発表した。死因は低酸素脳症だった。

県警は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで逮捕した同市の無職川端清勝容疑者(85)の容疑を同致死に切り替えて捜査する。

(朝日新聞デジタル 2018年01月31日 22時29分)

関連ニュース