これからの経済
2018年02月02日 10時02分 JST | 更新 2018年02月02日 16時04分 JST

「おひとりさま」にもぴったりな食洗機、その名も「ボブ」 仏ベンチャー企業が開発

スポンジボブならぬ、食洗機ボブの登場

Le Huffpost

若者、学生、独り者、カップル。こと大都会で、こうした人々はしばしば、狭苦しいアパルトマンに住むのを余儀なくされている。場所をとり、水道も引かなければならない「食器洗い機」の購入なんて、もってのほかだ。

そんな悩みを解決すべく、登場したのが「ボブ」だ。フランスのベンチャー企業「Daan Technologies」が開発したこの食器洗い機は、縦35cm、横40cm、高さ45cmと、従来の小型商品よりもさらに小さくなっており、持ち運びもできる。

他にもこんな利点が。まず、水道の蛇口とつなげる必要がない。1回の洗浄ごとに、3リットル分の付属タンクを水で満たせばOK。

洗いにかかる時間もとても速い。1〜2人分の食器一式が入る容量を満杯にしても、20分で完了する。技術開発を重ね、超音波を利用することで、洗うスピードを早められたという。

この食洗機「ボブ」は、2017年9月から、ベンチャー企業を支援するパリの巨大インキュベーション施設「Station F」でデザインが展示されていた。

2月1日に行われたフランス最大級のイノベーションサミット「Maddy Keynote」では、試作品第1号が発表された。

デザインはまだ確定していないが、すでに機能性は申し分ないという。最終的な見た目はこのような感じになる予定。

DAAN TECH

このまま順調にいけば、「ボブ」はフランス国内で製造され、年内にもおよそ300ユーロ(約4万円)の価格帯で販売される予定だ。

ちなみにハフポスト・フランス版のFacebook投稿には、「ゼッタイ買わなきゃ!」「 念願 」「解決策が見つかった!!!」といった好意的な評価が多数寄せられている一方、もっとも共感を呼んだのは次のコメントだったようだ。

「学生に300ユーロの食器洗い機って!そんなんで生活が変わるわけないっしょ。何よりも足りないのは場所でも水でもなく、お金なんだから」

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。


ハフポスト日本版は、自立した個人の生きかたを特集する企画『#だからひとりが好き』を始めました。

学校や職場などでみんなと一緒でなければいけないという同調圧力に悩んだり、過度にみんなとつながろうとして疲弊したり...。繋がることが奨励され、ひとりで過ごす人は「ぼっち」「非リア」などという言葉とともに、否定的なイメージで語られる風潮もあります。

企画ではみんなと過ごすことと同様に、ひとりで過ごす大切さ(と楽しさ)を伝えていきます。

読者との双方向コミュニケーションを通して「ひとりを肯定する社会」について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

『だからひとりが好き』Facebookページも開設しました。最新記事や動画をお知らせします。

ハッシュタグ #だからひとりが好き も用意しました。みなさんの体験や思いを聞かせてください。

シェアしたい思いや発信したい声がありましたら、hitori@huffingtonpost.jpにお寄せください。