NEWS
2018年02月02日 09時07分 JST | 更新 2018年02月02日 09時22分 JST

京大、昨年の入試で出題ミス 17人が追加合格 外部からの指摘で判明

ミスがあったのは、一般入試(物理)

朝日新聞社
入試ミスについての会見冒頭で頭を下げる、京都大学の北野正雄副学長(中央)ら=1日午後、京都市左京区、遠藤真梨撮影

京大の入試出題ミス、17人追加合格に 学科移籍容認も

 京都大は1日、昨年2月の一般入試(物理)に出題ミスがあり、受験生17人を新たに追加合格にしたと発表した。このミスで志望の学科は不合格となり、第1志望以外の学科に合格した11人についても転学科を認める措置を取る。他大学の授業料や予備校の費用などの補償について検討する。外部から1月に指摘を受け、問題を検証したところ、ミスが発覚したという。

 ミスがあったのは、音波について問う選択式の問題。条件設定が不十分だったため、二つの解答から正答が選べなくなっていた。京大によると、作成段階で出題を担当する14人の委員が11回のチェックを行い、試験当日にも作成に関わっていない教員が点検するなどしていたが、誤りに気づかなかったという。

 物理は工学部など7学部で計4429人が受験。京大は出題ミスの問題を全員を正解として扱い、採点をやり直した。その結果、工学部10人、理学部4人、農学部3人が追加合格となった。内訳は男性15人、女性2人で、現役生は12人だった。約半数が関西の受験生だった。京大は1日午後から電話や文書で連絡を取り始め、希望すれば入学を認める。

 また、第1志望以外の学科に合格した在学生は工学部7人、農学部4人。今後、志望順位の高い学科に移ることができる。

 ミスがあった問題では、音源から出た音波と、壁に反射した音波が弱め合う条件について尋ねていた。だが、京大によると、音波の性質について問題文中で明記しなかったため、受験生の選んだ考え方によっては、両方の解答が正解となってしまうという。

 国立大学協会会長も務める山極寿一(やまぎわじゅいち)・京大総長は「多大な迷惑をかけおわびする。影響を受けた受験生の立場で対応する。入試の時期にこのような事態が判明し、受験生に動揺を与えたことも反省する」などとするコメントを文書で発表。京大は月給の10%を山極総長が3カ月分、理事7人が1カ月分それぞれ返納することを明らかにした。

 大学入試をめぐっては、1月に大阪大の物理の問題で同様に音波に関する設問でミスが発覚。このため複数の予備校講師が京大の問題も検討し、京大や文部科学省に「解答不能な設問がある」と指摘していた。同省は「検証して報告を求める」と京大に指示していた。

(朝日新聞デジタル 2018年02月01日 22時44分)

関連ニュース