NEWS
2018年02月01日 23時36分 JST | 更新 2018年02月01日 23時38分 JST

藤井聡太四段が「五段」に昇段 中学生では史上初の快挙

「順位戦」C級2組の9回戦に勝ち、C級1組への昇級を決めた。

時事通信社
第11回朝日杯将棋オープン戦・1回戦。地元愛知県で澤田真吾六段(右)に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太四段=14日、名古屋市東区の東桜会館 撮影日:2018年01月14日

将棋の藤井聡太四段、五段に昇段 中学生で史上初

 将棋の藤井聡太四段(15)が1日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社・毎日新聞社主催)の9回戦に勝ち、一つ上のクラスであるC級1組への昇級を決めた。規定により、同日付で五段に昇段した。中学生棋士の五段昇段は、史上初の快挙。

 全棋士(フリークラスを除く)が参加する順位戦には、名人挑戦権を争うA級から最も下位のC級2組まで、五つのクラスがある。C級2組は上位3人が昇級できる。初参加の藤井・新五段はこの日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた対局で、梶浦宏孝四段(22)を破って9連勝。最終局を残し、上位3位以内が確定した。(村瀬信也)

(朝日新聞デジタル 2018年02月01日 23時18分)

関連ニュース