アート&カルチャー
2018年02月02日 16時41分 JST | 更新 2018年02月02日 16時59分 JST

「美は、どんなサイズにも形にもなる」レブロン、プラスサイズモデルと初の契約

「リップスティックにサイズなんてないわ」

プラスサイズモデルのアシュリー・グラハムが、化粧品ブランド「レブロン」の新キャンペーン「Live Boldly(大胆に生きよう)」のアンバサダーに就任した。

Kevin Mazur via Getty Images

このキャンペーンに深く共感したアシュリーは、次のようにコメントしている。

「大胆に生きるという言葉は要するに、私の座右の銘よ。毎日鏡に向かって、私は大胆で、素晴らしく、美しい、と唱えているわ。アメリカ人女性の平均サイズは14(日本のXL)だけど、私が知る限りリップスティックにサイズはないわ」

Revlonさん(@revlon)がシェアした投稿 -

ファッション業界では今、ボディ・ポジティブというムーブメントが広がりを見せている。自分のからだのサイズをもっと前向きに捉えようという考え方だ。

化粧品のブランドがプラスサイズモデルとメジャーな契約を結ぶのは、これが初めてのこと。

レブロンの狙いは、全ての女性に「自己愛」や「孤立させないこと」というポジティブなメッセージを伝え、女性からの支持を高めることにある。

「美は、どんなサイズにも形にもなる」。アシュリーの起用は、そんなメッセージが伝わってくる。

ファッション業界のみならず、化粧品業界でも広まりつつある多様性に期待したい。







ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen#もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp