NEWS
2018年02月04日 14時35分 JST | 更新 2018年02月04日 14時35分 JST

恵方巻き、チンパンジーもそのままガブリ。

大阪市の天王寺動物園でここ最近の恒例行事となっています。

朝日新聞社提供
果物が入った「恵方巻き」をほお張るチンパンジー=3日、大阪市天王寺区、畑宗太郎撮影

チンパンジーも恵方巻き 中身ばらさずそのままガブリ

節分の日の3日、大阪市の天王寺動物園では、オスのチンパンジー「レックス」とメスの「ミツコ」に一風変わった「恵方巻き」がプレゼントされた。

恵方巻きは好物のリンゴや柿をホットケーキで包んだ飼育員のお手製で、近年の恒例行事。2匹は興奮気味に駆け回りながら、8本を器用に拾い集めた。

中身をばらして食べるチンパンジーもいるが、2匹はそのままガブリ。「恵方巻きっぽく食べてくれた」と飼育員も大喜び。今年はいいことあるかな?

(朝日新聞デジタル 2018年02月03日 20時31分)

関連ニュース