NEWS
2018年02月04日 14時25分 JST | 更新 2018年02月04日 14時25分 JST

流出させた仮想通貨の換金を図る? ハッカーの口座から、海外取引所にも送金

4カ所に計52万円分が送られていました。

朝日新聞社提供
ハッカーが各地に送金を続けている

NEM、海外取引所へも送金 監視くぐり抜け換金図る?

仮想通貨取引所「コインチェック」(東京都渋谷区)から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が不正流出した問題で、流出先のハッカーの口座から、海外の取引所の口座へNEMが送金されたことがわかった。ハッカーの口座はネットで監視されており、その目をくぐり抜けて取引所で換金しようとした可能性がある。

不正流出は1月26日未明に発生し、ハッカーは同日中に関係する計10口座にNEMを分散させた。さらに30日以降、無関係とみられる口座に少額を断続的に送金している。

その中で1日以降、新たに海外の仮想通貨取引所などに送金し始めたことがわかった。4カ所に計52万円分のNEMが送られた。

(朝日新聞デジタル 2018年02月03日 21時05分)

関連ニュース