NEWS
2018年02月03日 15時32分 JST | 更新 2018年02月03日 15時32分 JST

北朝鮮選手団が「取材拒否」 選手が救急搬送されても沈黙 本国の指示か

北朝鮮のコーチや役員は、報道陣の質問に一切答えなかった。

朝日新聞社
2日夜、担架で運ばれる北朝鮮のスピードスケート・ショートトラック代表のチェ・ウンソン選手を見守る北朝鮮のコーチ(左)=韓国・江原道江陵市の江陵アイスアリーナ

選手搬送でも「取材拒否」の北朝鮮 本国からの指示か

平昌(ピョンチャン)冬季五輪に参加するため韓国入りした北朝鮮の選手団が「取材拒否」を続けている。2日夜には、本番会場で練習していた選手が負傷し、病院に運ばれるハプニングが起きたが、選手団は説明を拒んだ。

「ドーン」。2日夜、氷上競技が行われる江陵(カンヌン)アイスアリーナに轟音(ごうおん)が響いた。スピードスケート・ショートトラック男子に出場予定のチェ・ウンソン選手が、イタリアやフランスの選手に交じりスピードを上げながらコーナーを回ったところ、バランスを崩してフェンスに激突した。倒れ込んだまま、しばらく動けず、担架でリンクの外に運ばれた。

北朝鮮のコーチや役員が立ち会っていたが、競技への影響を懸念する報道陣の質問に一切答えなかった。代わりに大会関係者が「軽い擦過傷」と発表した。

北朝鮮から韓国入りした選手団は、選手22人と監督やコーチ、役員24人の計46人。2日現在、女子アイスホッケーの監督が代表取材にコメントしたことを例外として、取材には応じていない。北朝鮮問題に詳しい韓国国立外交院の申範澈(シンボムチョル)教授は「本国でメディアと接触するなという上部の指示があるのだろう。今の情勢では言葉のミス一つがもたらす波紋が大きく、徹底的に統制している」とみる。

一方、この日、選手団が着用していた衣類や運動靴は北朝鮮が自国ブランドとする「柳原(リュウォン)」の製品だった。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は昨年10月、平壌の柳原の運動靴工場を視察し「世界的に有名なスポーツシューズと堂々と競える」と鼓舞した。選手団は沈黙を守りながらも、自国に有利な点はアピールしている格好だ。(江陵=武田肇)

(朝日新聞デジタル 2018年02月03日 14時35分)

関連ニュース