NEWS
2018年02月05日 11時15分 JST

平昌五輪中、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長ら訪韓へ

韓国側、会談を検討

北朝鮮、高位級代表団を韓国に派遣へ 団長に金永南氏

 北朝鮮は4日夜、平昌冬季五輪に合わせ、金永南(キムヨンナム)・最高人民会議常任委員長(90)を団長とする高位級代表団を9日から11日まで韓国に派遣する計画だと、韓国側に伝えた。韓国統一省が同夜、明らかにした。北朝鮮代表団は金永南氏と団員3人、支援要員18人で構成するという。

 金永南氏は金日成(キムイルソン)国家主席の存命中から朝鮮労働党幹部や北朝鮮外相などを歴任した人物。形式的には北朝鮮の国家元首を務める。2008年の北京夏季五輪の開会式にも出席した。ただ政治的な実権はほとんどないとみられている。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は五輪を契機に南北対話を推進したい考えで、金永南氏の訪韓中、文氏との会談も検討する見通し。北朝鮮の非核化を強く求める同盟国の米国との調整を急ぐとみられる。

 金永南氏は儀礼的な役割を担うため、残る団員3人が誰になるのかにも注目が集まりそうだ。韓国統一省によれば、北朝鮮は4日夜現在、3人が誰なのかは明らかにしていない。(ソウル=牧野愛博)

(朝日新聞デジタル 2018年02月05日 06時25分)

関連ニュース