NEWS
2018年02月05日 16時41分 JST | 更新 2018年02月05日 16時41分 JST

広島の中3女生徒死亡、「入学当時から断続的にいじめがあった」 第三者審議会

遺族が「いじめを苦に命を絶ったと考えている」と市教委に伝えていた。

朝日新聞社
死亡した女子中学生と遺族に対し、頭を下げる広島市教育委員会の山崎哲男課長(手前)=5日午前10時5分、広島市役所、上田幸一撮影

広島の中3女生徒死亡、「いじめあった」 第三者審議会

 広島市佐伯区の市立中学校で昨年7月、3年生の女子生徒が校舎から転落死した問題で、市教育委員会が設置した第三者組織「市いじめ防止対策推進審議会」は5日、「入学当時から断続的にいじめがあった」などとする調査結果を公表した。今後、学校の対応に問題がなかったかどうかや死亡との因果関係などを調べる。

 市教委などによると、女子生徒は昨年7月24日、学校の敷地内で倒れているのが見つかった。自宅にはいじめを受けていたことをうかがわせる内容のメモが残っており、遺族が「いじめを苦に命を絶ったと考えている」と市教委に伝えていた。

 審議会のこの日の会見によると、女子生徒は中学入学当初から数人の生徒に頻繁に容姿についてからかわれたり、悪口・暴言を言われたりしていたという。2年になると、より多くの生徒がこれに加わり、消しゴム片を投げられるなどの嫌がらせもあったという。3年生の時には「死ね」「消えろ」などの脅し文句を頻繁に言われていたほか、たたかれることもあったことが確認されたという。

 女子生徒が通っていた中学校の校長は、いじめを早期に把握し、適切に対応できなかったとして、「強く責任を感じている。学校の対応に課題があったことは明らかだと考えている」との談話を出した。

 一方、女子生徒の両親は代理人の弁護士を通じ、「娘がいじめを受けていたことを思うと、大変つらい気持ちになる。何度も学校に伝えていたのに、どうして止められなかったのだろうか、という思いがある」などとコメントした。

(朝日新聞デジタル 2018年02月05日 13時35分)

関連ニュース