WORLD
2018年02月09日 13時24分 JST | 更新 2018年02月12日 07時56分 JST

平昌オリンピック、マリオそっくりの選手が大人気。チーム公式Twitterも悪ノリ

「違いはなんでしょう」

平昌オリンピックに出場する、アメリカ代表カーリングチームの選手が、マリオにそっくりと話題になっている。

事の発端は、2月7日に投稿されたこのツイート。TwitterネームJonさんが、オリンピックに出場するカーリングのマット・ハミルトン選手が、マリオにそっくりだとつぶやいた。

「夜の授業の合間にオリンピックを見ていたら、我々のカーリングチームにマリオがいた」

この冗談に、アメリカオリンピック委員会も悪ノリ。オフィシャルTwitterアカウントで2枚の写真を投稿して「違いはなんでしょう」と呼びかけた。

このツイートを面白がった人たちが、さらに投稿している。

「マリオがストーンを見ていない」

「右側は、後ろ足の靴が脱げている。もしくは鼻の大きさが違う?いや、やっぱり靴だな」

「右側のストーンは、光が当たっている量が多い」

「二枚とも一緒」

ハミルトン自身もこのジョークが気に入ったようで、オリンピック委員会の投稿をリツイートしている。

マリオで話題になったハミルトンだが、本業のカーリングでも活躍している。2月8日に開催された混合ダブルス初戦に妹のベッカ・ハミルトンと出場し、ロシア出身のチームを破った

Getty Images

Cathal McNaughton / Reuters

Getty Images
混合ダブルスに出場したハミルトンきょうだい

Cathal McNaughton / Reuters

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。