NEWS
2018年02月09日 14時15分 JST | 更新 2018年02月09日 14時15分 JST

台湾地震、日本以外の支援を断る ⇒ 中国メディアは批判「政治的な判断だ」

台湾の総統府報道官「日本には高度の機材がある」

​​​​​​​

朝日新聞社
台湾東部の地震で傾いた花蓮市のビル「雲門翠堤」で不明者の捜索にあたる救助隊員ら=9日午前0時15分、平賀拓哉撮影

台湾地震、中国の支援断る 日本は受け入れ「機材高度」

台湾東部の花蓮県などを襲った地震では、中国からの旅行者が巻き込まれ、3人が犠牲となり、5人の安否確認ができていない。中国側の関心も高く、救援活動の支援を申し出たが、台湾の総統府報道官は8日、「人員や物資は足りている」と必要ないという立場を表明。一方で日本政府が派遣した専門家チームは受け入れており、中国メディアは批判的な論調で報じている。

地震で傾いたビル「雲門翠堤」の低層階には旅館があり、地震で押しつぶされた。閉じ込められたとみられる中国人旅行者5人と香港系カナダ人2人の捜索が続いている。中国ではネット上で義援金を集める動きがあり、台湾政策を担う国務院台湾事務弁公室の張志軍主任は救援隊を派遣したい考えを示していた。

一方、台湾の総統府報道官は「日本には高度の機材がある」として、中国を含めてほかの国の応援は受け入れない意向を表明。これに対し、中国メディアは「政治的な判断だ」(環球網)と批判的な記事を配信している。

日本が派遣した警察・消防などの専門家7人は8日に現地入りし、生命反応などを探知する機器などを台湾側に貸し出し、捜索を支援している。首相官邸のフェイスブックは8日、「台湾加油(頑張れ)」と記された安倍晋三首相の色紙の写真を掲載した。台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統のツイッターには日本語で、「安倍首相からのお見舞いは、まさかの時の友は真の友、まさにその通りです」とのお礼のメッセージが掲載された。(花蓮=西本秀、平賀拓哉)

(朝日新聞デジタル 2018年02月09日 11時32分)

関連ニュース