NEWS
2018年02月12日 11時07分 JST | 更新 2018年02月12日 11時14分 JST

バレンタインに大人気 チョコだけど本当に締まる「ネジチョコ」

誕生のきっかけは、あの名所が世界文化遺産に登録されたことだった

朝日新聞社
ネジチョコ。雄ネジの先端にはアルファベットなどが刻んである

実際に締まる「ネジチョコ」、注文殺到 米国でも販売へ

 14日のバレンタインデーに向け、チョコレート商戦は真っ盛りだ。官営八幡製鉄所の関連施設が世界文化遺産に登録されたのを機に生まれ、国内外で人気を集める「ネジチョコ」の販売元ではロボットを導入し、商品作りに追われている。

 ネジチョコは、北九州市小倉南区の菓子店「グランダジュール」が開発、2016年2月に販売を始めた。前年に八幡製鉄所旧本事務所などが「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に選ばれた直後、菓子店を運営する通信サービス会社の社長で北九州市出身の吉武太志さん(45)が思い立つ。「鉄の街、ものづくりの街、世界遺産のある街・北九州をアピールする土産を作ろう」

 施設見学や資料集めを重ね、最初はH鋼をかたどったチョコレートを作った。「茶色い棒にしか見えない」「北九州以外の人にはわかりにくい」。周囲の評は芳しくなかった。さらに研究を続け、ボルトとナットのような部品の古い写真を見つけ、「これならいける」と決めた。

 チョコは、頭が六角形の雄ネジ(長さ約2センチ)と雌ネジの形にした。雄ネジの棒の部分と雌ネジの内側に、らせん状の溝を切り、はめ回せば実際に締まる。型は3Dプリンターで取る。試作で雌ネジが割れることもあったため、型を6回作り替えた。商品は2種類で、通常のチョコと、ココアパウダーを鉄のさびに見立てて振りかけたものもある。

 雄ネジの先端にアルファベットひと文字やハートマークを刻む細工も加えた。

 発売後の反響は予想を超えた。「SNSでも話題になり、作る端から売れた」という。当初は雄ネジと雌ネジ各1個のセットを1日に300作っていたが、注文に追いつかない。海外からも引きがあり、すでに販売しているシンガポールとUAEに続き、今年3月からは米国でも「チョコレートボルト」の名で売り出す。韓国や中国、オーストラリアなどでの販売も計画中だ。

 今年のバレンタインデーも見据えて17年10月末、特注の製造ロボットを工場に入れた。手作業の従業員とともに今は日に約1万5千セットを作っているが、それでも注文に応じきれない。だから、ネットでの販売は中断している。吉武さんによると、販売開始から今年1月までに約350万セットが売れたという。

 買えるのはJR小倉駅や北九州空港など北九州市内を中心に福岡県内の約20カ所だ。吉武さんは「ぜひ北九州へ来て、お求めいただきたい。同時にこの街の魅力を知ってほしい」と話す。

 ネジチョコは5個入り432円、15個入り1080円(ともに税込み)。問い合わせはグランダジュール(093・475・7700)へ。(専門記者・緒方健二)

(朝日新聞デジタル 2018年02月12日 08時17分)

関連ニュース