NEWS
2018年02月12日 12時16分 JST | 更新 2018年02月12日 12時54分 JST

スノボ女子予選が強風で中止⇒ 藤森由香選手が「即席撮影会」。神対応と話題(平昌オリンピック)

「こんなに間近で選手と話せるなんて……。すごいラッキーですよね」

朝日新聞社
競技を見に来たファンの記念撮影に応じる藤森由香選手(左から3人目)=11日、韓国・フェニックス・スノーパーク、辻隆徳撮影

スノボ藤森がファンに神対応 競技中止で「即席撮影会」

 午後2時過ぎ。スノーボード・スロープスタイル女子の予選が「強風のため中止になった」というアナウンスが会場に流れると、観客が一斉に帰路についた。偶然、競技会場の外に姿を現した藤森選手らの周りに人だかりができた。記念撮影に快く応じる藤森選手に、ファンからは「神対応だ」という声が上がった。

 「即席撮影会」は15分ほどだった。藤森選手のほかに、先日あった冬季競技の世界最高峰のプロ大会「ウィンターXゲームズ」のスノーボード・ビッグエア女子で2位になった岩渕麗楽選手(16)らも笑顔で対応した。「頑張ってください」とのファンの言葉に「ありがとうございます」などとお礼を言った。

 愛知県から来た公務員成本光陽さん(27)は、藤森選手らと記念撮影ができた。帰国のため12日の決勝は観戦できないが、「こんなに間近で選手と話せるなんて......。すごいラッキーですよね」と驚いていた。(辻隆徳)

(朝日新聞デジタル 2018年02月12日 03時20分)

関連ニュース