WORLD
2018年02月11日 17時36分 JST | 更新 2018年02月11日 18時11分 JST

羽生結弦が韓国入り、3カ月ぶりに公の場 「どの選手よりも勝ちたい思いは強い」

「連覇したい」

朝日新聞社
韓国・仁川国際空港に到着した羽生結弦=11日、北村玲奈撮影

フィギュア羽生結弦、韓国に到着 3カ月ぶりに公の場

 フィギュアスケート男子で66年ぶりとなる五輪連覇を目指す羽生結弦(ANA)が11日、韓国の仁川(インチョン)空港に到着した。昨年11月9日、NHK杯の公式練習で右足首を痛めて以来、約3カ月ぶりに公の場に姿を見せた。

 到着ロビーに姿を現した羽生は、詰めかけた報道陣に「出たい試合はたくさんありましたし、難しい気持ちでしたけど、できることをやってきました。この場に来られてうれしい」と語った。連覇の自信について問われると「もちろん、少なからずあります。連覇したい。どの選手よりも勝ちたい思いは強いですし、ピークに持って行ける伸びしろもあると思っています」と答えた。

(朝日新聞デジタル 2018年02月11日 17時19分)

関連ニュース