NEWS
2018年02月13日 16時27分 JST | 更新 2018年02月13日 16時34分 JST

福井県知事、大雪で異例の声明「操業や営業を控えて」(全文)

さらなる大雪を警戒。県内企業に訴える

Social Media / Reuters
福井県の要請で災害派遣された陸上自衛隊(あわら市の国道8号)February 8, 2018. Courtesy of Takahiro Ishikawa

福井県の西川一誠知事が、2月12日付で異例のメッセージを県庁の公式サイトに掲載した

同県内では6日の豪雪で、国道8号で最大1500台が立往生するなど甚大な被害が出た。

13日にも大雪が予想されていることから、西川知事は県内の企業に対して「できるだけ操業やオフィスの営業を控えて」と訴えた。

ネット上では「会社が休みになりました。 良い知事を持って幸せだ」と喜ぶ声や、「無理に出勤しようとするために交通網が混乱するのだから、それが正しいと思う」と知事の判断を評価する声が広がっている。

■西川知事のメッセージ全文

「今回の大雪に伴う県民生活への混乱防止のための企業へのお願い」と題したメッセージの全文は以下の通り。

今回の大雪により県民生活に大きな影響が出ているわけであります。また、明日(13日(火)にかけてさらなる降雪が予想されています。
ついては、自動車通勤に伴う道路の混雑や除雪作業への影響を考慮していただいて、各企業においては、県民生活の維持に不可欠なものを除き、できるだけ操業やオフィスの営業を控えていただくようお願いしたいと思います。
あわせて、広く県民の皆様には、不要不急の自動車の利用を控えていただくよう、改めてお願い申し上げます。