NEWS
2018年02月14日 16時06分 JST | 更新 2018年02月14日 16時16分 JST

ドカ雪で一泊無料。山形の肘折温泉が打ち出す「割引」が太っ腹すぎる

ここ数日の豪雪で、無料が実現した。

豪雪地・山形県大蔵村にある肘折(ひじおり)温泉が、「ドカ雪」フィーバーにわいている。

大蔵村観光協会

肘折温泉は、開湯1200年を超す山里の小さな温泉だ。20軒ある旅館はどこもかけ流しで、豊富な湯量が自慢だ。

Google Map

大蔵村観光協会

正月休み以降の閑散期を盛り上げようと、3年前から「ドカ雪・大雪割」キャンペーンが始まった。

積雪が過去最高の415センチを超えた場合、1泊分を無料にするという太っ腹企画を打ち出したところ、今冬はこの数日の大雪で2月13日午後9時時点で445センチまで積もり、過去最高を更新。このため、14日の1泊分が無料になった。

記録更新を受け、14日の宿泊が無料になると協会などで告知したところ、およそ1日で首都圏など約70人から新たに宿泊予約があったという。

ただ、無料宿泊は、積雪の過去最高を更新しないと実現しない。積雪量は、13日午後9時の445センチ以降、徐々に減り、14日午後3時時点で407センチまで下がった。

14日観光協会によると「今日は雪がやみ、午後3時時点で445センチは超えなかったので、15日は無料ではありません」。ただし、今週後半は降雪の見込みと予報されている。

豪雪地だが、除雪はまめにしっかり。

キャンペーンでは、宿泊前日午後3時までの24時間降雪量が30センチ以上だと降雪量に応じて1人500~2000円の宿泊を割引しているほか、一部旅館の入浴料も100~400円割引している。期間は3月11日まで。