BLOG

ネコ用家具の受注スタート PR動画だけのつもりが問い合わせ殺到

「ネコのサイズに合わせる技術があると証明したい」

2017年12月03日 14時40分 JST | 更新 2017年12月03日 14時40分 JST

一見普通に見えるベッドやソファなどの家具。しかし、横からネコが現れるとネコにぴったりの大きさだ。ネコはベッドやソファに心地よさそうに座る。

Abema Times

この動画、人間用の家具を作る家具メーカー・広松木工株式会社と立野木材工芸株式会社が、本気でネコ用の家具を作成して作ったCMだ。SNSなどで人気が集まり、動画の再生回数は46万回以上(27日時点)と話題になっている。

動画を作ったのは日本でも有数の家具生産地・福岡県大川市。市内で作られる高品質な家具をPRする目的で作ったという。しかし、なぜネコの家具なのか。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、東京・新橋にあるアンテナショップ・福岡久留米館で、大川市役所企画課係長の野中貴光さんに話を聞いた。

「家具の職人さんはどんなスタイルでも合わせる技術がある。例えばネコにしても、ネコに合ったスタイル・サイズに合わせる技術があるということを証明したいということで、このネコ家具を作っている」

しかし、元々人用に作っていた家具をデザインそのままに縮小するのは大変だったそうだ。ソファを制作した広松木工の廣松嘉明代表取締役は「小さくするということは扱いにくくなるということ。仕上げの繊細さが求められることになる。気配りしながら作らないといけないのでこれが一番大変だった」と苦労を明かした。

Abema TIMES

ネコ用ソファはPR用に作ったものだが、動画をアップしたところ「この家具が欲しい」と問い合わせが殺到。そのため急遽受注を開始し、26日まで横浜で行われた広松木工家具個展で注文を受けつけた。気になる値段は11万8800円(税込)。なお、正式な販売は現在準備中だという。

この家具についてネコ好きはどう思っているのか。原宿にあるネコカフェ「MoCHA」で話を聞いてみた。

これからネコを飼う予定だという女性は「ネコ専用のネコの部屋を作りたい。めちゃめちゃ可愛いと思う。自分の部屋より可愛くしたい」と回答。また、ネコを4匹買っているという店員の女性は「めっちゃ欲しい。写真を撮るために、インスタ映えとか。インスタでも私の家のネコを紹介したい」と意欲を見せ、11万円という値段も「お金を貯めて買う。ネコにはいくらでもかけられる」とのこと。

Abema TIMES

さらに、ネコ家具だけではなくネコ用賃貸も存在する。「Gatos Apartment」が管理するネコ用賃貸物件にはキャットウォークやネコ用トイレ、ネコ用扉を備え付けられており、現在杉並区・葛飾区・横浜市にある物件はすべて満室。来年4月には墨田区に新築の物件が建てられる予定だ。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

『原宿アベニュー』は毎週土曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

(2017年12月3日「PR目的が問い合わせ殺到で実受注へ、大川市の"ネコ用家具" 「人用を縮小するのは大変」」より転載)