BLOG

介護福祉士とモデル業を両立する美女、人生変えた職員の一言「これが最後の食事に…」

芸能の仕事は「介護のことをもっと知ってもらうためのツール」

2017年11月02日 15時39分 JST | 更新 2017年11月02日 15時39分 JST

めまぐるしく進化しているのはITの世界だけではない。介護の世界も日々働き方の進化を遂げている。

Abema TIMES
(モデル・介護福祉士 上条百里奈さん)

キツそう、給料が安そう......などマイナスイメージがつきまといがちな介護の仕事。毎週土曜夜23時からAbemaTV(アベマTV)で放送中の『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、番組MCを務めるSHELLYと共に「介護ほどステキなお仕事はない」をテーマに、現役の介護福祉士たちが介護現場の実態と本音を赤裸々に語った。

なぜ、介護職に就こうと思ったのか。そのきっかけについて番組MCのSHELLYがゲストに聞いた。

モデルと介護福祉士を両立している上条百里奈さんは「中学校の職業体験で、食事介助をしたのがきっかけ。介護士さんに『これがこの人にとって最後の食事になる可能性も......(ある)。大切に介助してあげて』と言われました。しかし全然うまくいかず、半分以上ご飯をこぼしてしまいました。でもおばあちゃんは『ありがとう。おいしかったよ』と言ってくれた。それがすごくうれしかった」と話した。

Abema TIMES
(番組MCのSHELLY)

上条さんのエピソードにSHELLYは「その介護士さん、中学生相手に『この食事が最後になるかも』だなんて、マジなこと言う!」とコメント。上条さんは「でもその介護士さんの一言があったからこその今」という。

そして現在、介護福祉士をやりながら、モデル業も掛け持ちしている理由を上条さんは「現在28歳で、22歳からモデルを始めました。それまで長野の施設で働いていましたが、働いてみて現場にはたくさんの問題があると知りました。虐待があったり認知症が進んでいたりしても、本人も周囲もSOSをなかなか出せない環境に問題があると感じました」と明かす。いろいろ自分で考えた結果、介護福祉士の社会的認知度を上げるにはテレビなどのメディアに出るのが一番だという結論に。モデル業をする中で、25歳くらいから講演依頼をもらえるようになり、今では全国で介護の講演をしている。芸能の仕事は「介護のことをもっと知ってもらうためのツール」と笑顔で話した。

Abema TIMES

上条さんは活動の一つとして、福祉の専門学校で授業をする機会もあるといい、話を聞いた学生たちが「一度はその道を諦めようと考えていたけど、もう一度、介護福祉士になりたい」と思い直してくれるのだとか。じわじわと活動の成果は出始めているようだ。目指す業界に上条さんのような憧れの人がいる......介護を学ぶ学生たちにとって上条さんは、業界の希望の星なのだろう。

AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

▶︎10月27日放送「介護ほどステキなお仕事はない」