BLOG

SHELLY、第二子女児出産を発表 

関係者によると、今月中旬頃生まれ、体重は3522グラム、母子ともに健康だという。

2018年01月25日 10時42分 JST | 更新 2018年01月25日 10時46分 JST

野原誠治
(▲撮影:野原誠治/過去記事より引用・SHELLY「10代の男女に正しい性教育を」AbemaTV『Wの悲喜劇』番組MCへの思い)

タレントのSHELLYが第二子となる女児を出産したことが24日、わかった。関係者によると、今月中旬頃生まれ、体重は3522グラム、母子ともに健康だという。

SHELLYは、テレビ東京系の経済報道番組「未来世紀ジパング」(月曜・夜10時)や、日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜・夜9時)、TBS系「結婚したら人生激変!○○の妻たち」(月曜・夜7時)など、多くのバラエティーや報道番組でレギュラーとして活躍。女性がディープな本音を赤裸々に語るAbemaTV(アベマTV)「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」(土曜・23時)では番組MCを務め、自身も同番組の第1回放送「不妊治療破産」において、妊活時の実体験を語り、女性ならではの目線でゲストらとトークを展開。第二子妊娠発表後は、体調を見ながら仕事を続けていたが、現在はレギュラー番組を一時お休みし、産休に入っている。関係者によると、体調など様子をみながら仕事復帰する予定。

私生活では2014年1月、約1年3か月の交際を実らせ、30代のテレビ番組ディレクターと結婚。2016年1月に第一子となる長女を出産しており、今回の妊娠出産で2人の姉妹を持つ母となった。

さらにAbemaTV「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」では、SHELLYが産休に入っている期間、代理でMCを務める"お留守番MC"のメンバーが決定。産休に入ったSHELLYに代わって小島瑠璃子、鈴木ちなみ、お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子と大久保佳代子、タレントでエッセイストの小島慶子ら5名が、番組を盛り上げる。

▼SHELLY(シェリー):1984年5月11日、神奈川県出身。33歳。14歳時にスカウトされ、芸能界入り。モデルとして活動後、司会者、ラジオDJとしても活躍。父親はイタリア系米国人、母親は日本人で、3姉妹の末っ子。趣味は音楽鑑賞、映画観賞。特技は英語、タップダンス、バレエ。日本酒のきき酒師の資格を持つ。血液型A。

▼関連記事

AbemaTV『Wの悲喜劇』"お留守番MC"初回は小島瑠璃子 SHELLYに代わって「カジュアル整形」を調査!