BLOG

コインチェック騒動に巻き込まれたノブコブ吉村「夢を見させてくれてありがとう」 サバンナ八木は"被害者"としてNHK出演!

2018年02月05日 10時46分 JST | 更新 2018年02月05日 10時46分 JST

 コインチェック社の巨額流出事件が起きて以来、連日世間を騒がせている仮想通貨の問題。1日に放送されたAbemaTV『橋下徹の即リプ!』に出演した平成ノブシコブシの吉村崇が、自身の仮想通貨体験を告白、さらにMCのサバンナ高橋茂雄が相方・八木真澄の被害についても明かした。

 数年前から仮想通貨を保有していたという吉村だが、「僕もコインチェックさんでした。NEMも多少やってました。ちょっとやって、慌てて引き出して...の繰り返しで、そのままうまくやってればそうなってたかもしれない」とネット上に流れる"億り人説"をキッパリ否定。橋下氏に「税務調査を受けるひとはみんなこんな風に言う。国税が目を光らせてるから言えない(笑)」に突っ込まれるも、「みんなコインチェックに文句言ってるけど、僕は"夢を見させてくれてありがとう"と言える、そのくらいの額」と重ねて否定した。

 高橋は「コインチェックの口座が凍結されたせいで、相方はNEMで30万円分を持って行かれている状態。新聞で知った(笑)。しかも、NHKの『クローズアップ現代+』にも被害者として出てて。"何出てんねん!"って(笑)。"仮想通貨でハワイ旅行行こうと思ってたのに、仮想旅行になりました"ってボケたのに、隣の優木まおみちゃんがまったく笑ってなかった」と話すと、吉村は「まおみちゃんが"凍結"!でも、なかなかNHKには出られないから!」。高橋も「出演できたんなら、30万円なんて安いもんやで!(笑)」と笑い飛ばしていた。

 また、高橋によると「今、よしもと芸人はどこの楽屋でも仮想通貨の話をしてる」のだという。吉村も「コインチェックって画面がエメラルドグリーンなんですけど、収録中、スタッフさんもやってるんですよ。(光が反射して)みんな顔がエメラルドグリーンになってる。コインチェック見てる顔(笑)」と明かした。

■橋下氏「僕はようやらん」

 「ビットコインで言えば、わずか1000人くらいのひとが90%くらいを持っていて、ある意味で価格を操縦できる。それも株の場合はNGだけど、仮想通貨ならOK。今回も値下がりしてるけど、その分儲けてる人がいるわけだから。これが先行者利益。勝者は才能のある賢い一部の人たちで、多くの人はそこに貢いじゃってる。僕は自分に能力がないから手を出さない」。

 仮想通貨取引についてそう話す橋下氏。「僕がおじいさんになってしまったのか」と前置きし、「現金を輸送している方や管理している方には申し訳ないけれども、そこにものすごいコストがかかっているから、紙幣や硬貨が無くなるのには大賛成。日本銀行や銀行がデジタル通貨を出すかもしれないという話も大賛成。でも、お金じゃなくてモノになってしまってるし、それで儲けを狙いに行くというのはどうなのかなと思う。もちろん資本主義の世の中だから自由にやったら良いと思うし、為替取引もあるけれど、お金はもともと投機の対象ではない。仮想通貨の世界は規制をなるべくかけないようにしよう、自由にやってねというのが原則。逆に言えば保護もされない。株や投資信託であれば色々な保護の仕組みがあるが、仮想通貨には一切ない。管理なく自由にやろうっていう思想には賛成だけど、管理がなければ結局こういうことになってしまう」とコメントした。(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

▶次回『橋下徹の即リプ』は8日(木)夜10時から!大好評につき三浦瑠麗氏が再び登場!大激論の予感!?