BLOG

【渡航前必見!】インドに絶対に持って行きたい10のモノ!

「インドへ出発が決まった!インドには何があるの?何を持って行けばいいの?」そんな不安でお悩みの方に朗報です

2018年01月25日 18時38分 JST | 更新 2018年01月25日 18時39分 JST
Reeracoen India

「インドへ出発が決まった!インドには何があるの?何を持って行けばいいの?」そんな不安でお悩みの方に朗報です!今回はインドで生活している方の声をもとに、日本から持ってくるべき食材ベスト4、日用品ベスト3、衣類ベスト3の合計10アイテムを厳選しました!ぜひ、渡航準備の参考にしてみてください!

インドに持って行きたいアイテム~食材編~

Reeracoen India

まずは食材部門です。インドにも日本食レストランや日本食料品店があり、日本の食材を購入することができます。しかし、それらの店で購入しようと思うと、割高になってしまうのです。どこの国でも同じですが、輸入品は高いものですよね。ということで、可能であるなら日本から自分で持って来ましょう!インド生活者が欲しいと思う食材ベスト4をご紹介します。

1.調味料

Reeracoen India

まず1つ目は調味料です。代表的なものは醤油やポン酢、めんつゆ、ワサビ、和風だし、味噌、マヨネーズなどです。これらの調味料をインドで購入することは難しいです。インドのスーパーにはスパイスやソースなど、様々な調味料が並んでいますが日本の調味料はほとんどありません。近年、醤油などが売られている店も見かけますが、その値段は割高で、味も日本のものと同じとは言えません。ご自分で持って来られるのがいいでしょう。

2.カップ麺

Reeracoen India

2つ目はカップ麺です。インドにも安価なカップ麺はありますが、カレー味であったり、スパイスの効いたイタリアンだったりと、「さすがインド!」という感じです。先ほどご紹介した日本食料品店でカップラーメンやカップうどんも販売されていますが、頻繁に買うには抵抗が生まれてしまう値段です。インドで生活しているとラーメンが食べたい!うどんが食べたい!と感じる方が多いので、持って来られるべきでしょう!

3.インスタント食品

Reeracoen India

3つ目はインスタント食品。インドでも自炊で日本食をつくることはできます。しかし、中には近くのスーパーで手に入りにくい材料があったり、料理をするのはめんどくさいという日があったりすると思います。もちろんインドにもインスタント食品はありますが、多くのものがカレーです。日本食のインスタントはあまりありません。そんな時に持ってきたインスタント食品があれば心が休まるのです。筆者は過去にインスタント豚汁や混ぜるだけのたらこスパゲティソースなどを持参した経験があります。

4.梅干し、納豆等

Reeracoen India

4つ目は梅干しや納豆等、ご飯のお供です。インドではマンゴーのピクルス等は売られていますが、梅干しや納豆等、日本でよく食される発酵食品はあまり売られていません。お好きな方は日本で購入し、持参されるのが良いでしょう。

インドに持って行きたいアイテム~日用品編~

Reeracoen India

お次は日用品部門です。インドでも日本と同じように洗剤やシャンプーなどをスーパーで購入することができます。洗濯洗剤1つとってもかなりの種類があり、自分の好きな香りやメーカーを選択することができます。そんな中でインドに持って行くべき日用品とは何があるのでしょうか?ベスト3をご紹介します!

1.マスク

Reeracoen India

誰もが口を揃えて言うのが、マスクです。インドの街中では車やバイク、オートリクシャーなど様々な車両が行き交っています。道路脇が砂になっている場所も多く、場合によっては砂埃が舞います。また、インドの空気は乾燥していることも多いため、マスクを持ってくるのが良いでしょう。インドで日本のような質のマスクを手に入れるのは難しいかもしれません。

2.ウェットティッシュ、除菌シート

Reeracoen India

インドではレストランなどの飲食店でお手拭きが無いお店が比較的多くあります。また、日本でもそうですが、不意に手が汚れてしまう時もあります。そんな時に持っておきたいのがウェットティッシュや除菌シート。しかし、インドでは携帯できるウェットティッシュや除菌シートが売られているのをあまり見かけません。日本では100円ショップなどで安く携帯用のものを購入することができますよね。いざという時の為にいくつか持ってきておくのが良いでしょう。

3.傘

Reeracoen India

インドの雨季は7月から9月と言われており、この期間中にはドシャ降りになる日もあります。そんな雨季に気になるのはインド人の傘事情。インド人はあまり傘をささないのです。雨が降っていても外を歩く人々は手ぶらで濡れながら歩いています。傘をさす人が少ないからなのか、傘を売っているお店もあまりありません。雨季でなくても日差しが強いため、日傘雨傘兼用のものを一本持ってきておくと良いでしょう。

インドに持って行きたいアイテム~衣類編~

Reeracoen India

最後にご紹介するのは衣類部門です。インドは暑いだろうから夏服だけでいいとお考えの方はいらっしゃいませんか?先程も出たように雨季があり、地域によっては、冬に最低気温が10度以下まで冷え込む日もあります。インドで快適に生活するため、持ってくるべき衣類ベスト3をご紹介します!

1.カーディガン

Reeracoen India

冬の始まりや終わり、まだまだ日中は暑いけど朝夕は冷える。そんな日は日本だけでなくインドにも存在します。インドの場合冷えるといっても急激に冷えるわけではないので、カーディガンのような薄手の羽織ものが重宝されるでしょう。インドでカーディガンを売っているお店はあまり見かけないので、持って来られることをお勧めします。

2.冬物(長袖、長ズボン、タイツ等)

Reeracoen India

先程からお伝えしているように、インドには夏だけでなく冬があります。しかし夏の方が長いため、空調機器も冬用より夏用の方が充実しているのです。こうして、「思っていたより寒い!」という状況に陥りやすくなっているので、衣類を以てインドの冬を乗り越えましょう。

3.サンダル、スリッパ

Reeracoen India

インドの家、ホテルは他の国と同じように土足です。多くの建物は床が大理石にでできており、綺麗に見えますが、汚れている場合が多いので室内用のサンダルやスリッパを持参するべきです。現地調達も可能ですが、100円ショップ等で購入したものを持参した方がお得でしょう。

まとめ

Reeracoen India

インドに持って行くべき10のアイテム、いかがでしたでしょうか?今回はパスポート等、必要最低限のものを除いた中で実際にインドに来て生活している方の声を基に厳選し、ご紹介しました。ビジネスの観点から、名刺を整理することのできるファイルを持ってきた方が良いという意見もありました。インドで購入するには少し値が張るようです。皆さんそれぞれの生活スタイルによって違いがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください!

Ambassadorのプロフィール

Reeracoen India

インドで活躍されたい方向けの転職支援サービスを運営しています。経験豊富な日本人キャリアアドバイザーが、あなたのインド転職をお手伝いします!