Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

アムネスティ日本 Headshot

人権にまつわる10の名言

投稿日: 更新:
印刷

12月10日は世界人権デーです。

1948年12月10日、パリで開かれた第3回の国際連合総会で、「自由、正義、平和の礎である基本的人権を確保するため、あらゆる人と国が達成しなければならない共通の基準」として「世界人権宣言」が採択されました。これは、すべての人間が生まれながらに基本的人権を持っているということを、 初めて公式に認めた宣言です。

その2年後の国連総会で、採択された日である12月10日を「人権デー」と定め、すべての国連加盟国・関係機関が、人権を推進するための諸行事を行っていくことが決まりました。

世界人権宣言から67年たっても、この宣言が目指した世界が実現されているとは、残念ながら言い難いのが現状です。しかし、希望の灯を絶やしてはいけません。

世界中のどこでも、誰でも、毎日、人権が守られる日が来ることを願いながら、人権に関する名言集をお届けします。

■ キング牧師

「私たちは、限りある失望を受け入れなければならない。しかし無限なる希望を失ってはならない。」

2015-12-04-1449199509-7804582-king.jpg
© Getty Images

■ ラヴァーン・コックス

「他人と違うやり方で自分のジェンダーを表現したいと思ったって、いいじゃない。それで暴力を受けるなんて、あまりにひどい扱いよ。そういう人がいるのが居心地悪いなら、あなた、自分を見つめ直す必要があるわね。」

2015-12-04-1449199722-6985407-cox.jpg
© 2014Getty Images

■ デズモンド・ツツ大司教

「虐げられている人たちにとって、自分はひとりではないんだと知ることは、大きな励ましである。あなたのやっていることは無意味だと、誰にも言わせてはいけない。」

2015-12-04-1449199839-3150552-tutu.jpg
© Amnesty International Norway

■ ボブ・マーリー

「起き上がれ、立ち上がれ、自分たちの権利のために。起き上がれ、立ち上がれ、闘うことをあきらめるな。」

2015-12-04-1449199927-1717081-bob.jpg
© Cover/Getty Images

■ ロビン・ウィリアムズ

「たとえ他人が何と言おうと、言葉とアイデアで世界を変えることはできるんだ。」

2015-12-04-1449199991-4854919-robin.jpg
© Getty Images

■ マララ・ユスフザイ

「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。」

2015-12-04-1449200052-6554799-marara.jpg
© Amnesty International

■ ダライ・ラマ14世

「人権が尊重され、飢えがなく、そして個人と国家が自由であってはじめて、平和は続くのです。」

2015-12-04-1449200201-7996230-dalailama.jpg
© Amnesty International / Ilya van Marle

■ A・フィリップ・ランドルフ(米・公民権運動家/労働運動指導者)

「自由は当たり前にあるんじゃない、勝ち取るものなんだ。正義は与えられるものじゃない、奪い取るものなんだ。」

2015-12-04-1449200263-546265-philip.jpg
© Getty Images

■ ネルソン・マンデラ

「人権を否定することは、その人の人間性そのものを否定することだ。」

2015-12-04-1449200350-5830491-mandera.jpg
© Jurgen Schadeberg www.jurgenschadeberg.com

■ アルンダティ・ロイ(インドの作家)

「女性が中心にいない、上に、下に、中にいない政治闘争なんて、そんなの闘争なんかじゃない。」

2015-12-04-1449200112-611198-roy.jpg
© AFP/Getty Images

*********

▼▽▼人権デー記念イベントに参加しよう▼▽▼
~インドの女性が直面する問題を考えるトーク&アクセサリー作りで支援~

児童婚って知ってますか? 親が勝手に結婚相手を決めて、顔も知らない相手と無理やり結婚させられる ―― 恋も知らない。学校にも通えない。子どもを産む「道具」、薪割りや農作業や家事の労働力として、買われていくのです。そんな少女が、世界には1,500万人もいます。インドでも、多くの少女が児童婚によって、夢も希望も奪われています。わずか生後11カ月で結婚させられたケースも・・・。

そんな少女たちのための現地NGOを支援しているエシカルブランドVEGANIEの竹迫千晶さんをお招きし、インドの女性たちを取り巻く厳しい現状やエシカルブランドとして支援することについて、お話しいただきます!

インドの女性たちを支援できるアクセサリー作りワークショップも行います!

◇日時:12月12日(土) 10:30~13:00(ワークショップは12時まで)
◇場所:アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所 (千代田区神田)
◇参加費:1,000円(材料費・軽食込み)
◇詳細・お申し込み先
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/1212_5651.html

**************************************************************
▽ アムネスティ・インターナショナル日本 公式WEBサイト
http://www.amnesty.or.jp/

▽ アムネスティ・インターナショナル 公式Facebook
https://www.facebook.com/amnesty.japan

▽ アムネスティの資料を請求する
※人権に関するさまざまな話題を取り上げた情報誌をお届けします。
https://www.amnesty.or.jp/request/

**************************************************************

▼画像集(クリックで表示)▼

Close
マララさん、シリア難民の国境越えを支援
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド