BLOG

化粧の薄さが世の中に認められるとき。「ちーがーうーだーろー!」前衆院議員の豊田真由子さんの謝罪動画を見て

すっぴん日記 第18話

2017年11月14日 06時59分 JST | 更新 2017年11月18日 13時02分 JST

​​​​​​​

Arisa ido

9月18日 月曜日  天気:快晴 肌:日焼け気味

「この、ハゲエエエエー!!!」、「ちーがーうーだーろー!」というセリフで思い出すのは、当時衆院議員だった豊田真由子さん。

彼女が今朝のフジテレビ系「Mr.サンデー」にVTR出演し、宮根誠司キャスターの独占インタビューに応じた。

あの騒動以来となる久しぶりの登場に、彼女に関するたくさんの記事がネット上に溢れた。

その多くが、彼女の化粧について取り上げた内容だった。

ハフポストでも、次のように紹介している

「豊田氏は山型だった眉毛を平らにし、茶髪を黒く短くするなど印象が変わった感じで登場」。

"強い女性"というイメージが強かった彼女の面影はなく、あまりの変貌ぶりに「別人メイク」とまで表現している記事もあった。

勝手に事件以前の彼女のメイクと比較してみることにした。

濃い眉毛の色は薄いブラウンに変わり、カーブもきつくない。

アイシャドウも薄く、まるで塗っていないようだ。くちびるは、いつも通り淡いピンクだった。

チークは、ファンデーションの色に近い。

全体的な印象は、「薄い」。

謝罪の場なんだから、化粧を薄くするのは当たり前でしょって言われるかもしれない。

しかし、そもそもなんで、謝罪会見の場では「薄化粧」にするのが当たり前といった雰囲気があるのだろうか。

それは、きっと心の底から反省している人は、「化粧」をしている余裕などない、とみんなが思うからだろう。

ファッションも同じだ。派手な服を着た人の「謝罪」を見ても、心の底から反省しているかと疑ってしまいたくなる。

すっぴんはなかなか、社会人になって受け入れられる場面は少ない。それこそ接客業では、積極的にメイクをすることを求められる。

そんな世の中で数少ない、薄化粧が"有利に働く"とき。

それはこのような謝罪会見の場だ。

しかし、彼女の「薄化粧」は、本当に反省を表しているのだろうか。

それは彼女の今後の行動や政策に示されていく。

「見た目」に踊らされず、本質を見抜く力が私たちには試されている。

◇◇◇

ハフポスト日本版でエディターとして働く私(27歳)は、2017年9月いっぱいを「ノーメイク」で過ごしました。仕事も、プライベートも、あえてメイクを塗らないことで見えてきた世界を、1カ月間少しずつ書き留めていきました。これから平日朝7時ごろ、順次公開していきます。

第1話:「1カ月間メイクしません」仕事にプライベートにすっぴんで過ごすことを決めた女27歳

第2話:「すっぴんで会社に来る人なんて、会ったことないかも」旧友の言葉で、考えた。

第3話:同窓会の前に、メイクに気合いが入るのはなぜだろうか

第4話:世界に誰もいなくなったとしたら、あなたはそれでもメイクをし続けますか

第5話:雑誌でよくみる「NGメイク」特集。いったい誰目線なんだろう

第6話:女が「女装」することの快感。

第7話:仕事において、一番気をつかう相手は同性かもしれない

第8話:なんで学校で、化粧してはいけないの?この質問に答えられる人っている?

第9話:初デートで彼女がすっぴんで来たら、どう思う? 7人の男性に聞いてみた

第10話:今日はなんだかメイクする気にならない。だったら、こんなことしようよ

第11話:すっぴんの成功体験で、私はもっと自由になった

第12話:「メイク」にまつわる7つの数字を、私なりに読み解いてみた

第13話:すっぴんの広告があってもいいじゃん。矛盾だらけのお願いを会社の先輩に頼んだ。

第14話:毎週欠かさずメイクをする男性上司に、ビジネスのための「メイク」について聞いてみた

第15話:「就活するときに、メイクを始める友だちに違和感」女子大生が化粧をやめられないのはなぜ?

第16話:インスタ見て、こんなメイクに挑戦してみませんか。右も左も同じ顔しかないと嘆くあなたへ。

第17話:デパート1階の化粧品売り場、抵抗あるのは私だけ?

第18話:化粧の薄さが世の中に認められるとき。「ちーがーうーだーろー!」前衆院議員の豊田真由子さんの謝罪動画を見て

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp