BLOG

メイクを毎日するのが、面倒。長年落ちない化粧品があったら、あなたは使いますか?

すっぴん日記 第29話

2017年11月30日 06時59分 JST | 更新 2017年11月30日 06時59分 JST

arisa ido

9月29日 金曜日  天気:晴れ 肌:ぷりぷり

今日で平日のすっぴんも最後となる。

会社の人にも伝えた。

普段メイクしている同僚にアンケートをとったら、こんな声があった。

【質問】(化粧している方へ)ノーメイクで仕事したいなって思うことありますか?

【回答①】思う!でも無理です。時短を追求して毎日5分でフルメイクできるようになったのでなんとかなってます。会社までノーメイクで来て急いでトイレでやったことも何度か。

【回答②】時間の節約になるからできればノーメイクがいいです。人に会わないとき、リモート作業の日はノーメイク派です。

【回答③】物理的に時間かかるし、肌も休ませたいからノーメイクで仕事したいと思う日はあるけど(実際リモートの日はノーメイクです)...。

ノーメイクを受け入れる社会があれば、時短のためにすっぴんで出社したい。

忙しさの中でメイク時間をいかに削れるかを日々葛藤している人も少なくないはず。

その中で、面白い回答があった。

【回答④】毎朝化粧する時間も、帰ってきてメイク落としする時間もったいない。 寝たい。というのが95%。
だから、10年ぐらい前に、眉毛をアートメイクにしました。 あのとき、口紅もアートメイクにすればよかった! もう薄く色落ちしているので、もっかいやりたい!

「アートメイク」を知っている人はどれくらいいるのだろうか。

Getty Images/iStockphoto

タトゥーのように、皮膚の中に色素を染み込ませ長い期間デザインを持続させることができる。

眉やアイラインで「アートメイク」をすれば、毎日のメイクがだいぶ楽になるし、何もつけないまま出ても、化粧をしているようだ。

刺青と違うところは、永久に同じ濃さを保てず、時間とともに色が薄くなること。

少しの施術で毎日メイクする時間が短くなれば...。と願っている人にとっては朗報だ。

実際に「アートメイク」をしている同僚も子育てと仕事で一番忙しい時に実施したため、生活がだいぶ楽になったようだ。もちろん、興味ある人は信頼できる医療機関のもとで試してほしい。

おしゃれではなくて、「この人、(忙しくても)ちゃんとしている」って思われるためにやっていた、とアートメイクをしている彼女はこっそり教えてくれた。

アートメイクの需要はまさに「メイクはマナー」と謳う社会にある。

そうすると、簡単に「アートメイク」に飛びつけない自分がいた。

何もつけなくても化粧をしているように見せたい。

でも、それはメイクをすることが当たり前の社会が前提にある。

私は、この29日間を通して、メイクできる、できないを誰もが選択できる社会になったらいいと伝えてきた。メイクが面倒な人はしなくてもいいし、メイクに興味ある人はとことん追求する。そんな世界がいい。

「アートメイク」は「メイクの面倒くささの改善」を短期的に叶えることができる。

しかし、みんながメイクをすることが当たり前になることで次世代の人の「ノーメイク」という選択肢を奪うことになるかもしれない。

そんなちょっと複雑なことを考えている自分がいた。

それでも、育児、家事、そして仕事を一人で頑張って担ってきて、嬉しそうに「アートメイク」の便利さについて説明している同僚を簡単には否定できなかった。

​​​​​​​​​​​​​​◇◇◇

ハフポスト日本版でエディターとして働く私(27歳)は、2017年9月いっぱいを「ノーメイク」で過ごしました。仕事も、プライベートも、あえてメイクを塗らないことで見えてきた世界を、1カ月間少しずつ書き留めていきました。これから平日朝7時ごろ、順次公開していきます。

第1話:「1カ月間メイクしません」仕事にプライベートにすっぴんで過ごすことを決めた女27歳

第2話:「すっぴんで会社に来る人なんて、会ったことないかも」旧友の言葉で、考えた。

第3話:同窓会の前に、メイクに気合いが入るのはなぜだろうか

第4話:世界に誰もいなくなったとしたら、あなたはそれでもメイクをし続けますか

第5話:雑誌でよくみる「NGメイク」特集。いったい誰目線なんだろう

第6話:女が「女装」することの快感。

第7話:仕事において、一番気をつかう相手は同性かもしれない

第8話:なんで学校で、化粧してはいけないの?この質問に答えられる人っている?

第9話:初デートで彼女がすっぴんで来たら、どう思う? 7人の男性に聞いてみた

第10話:今日はなんだかメイクする気にならない。だったら、こんなことしようよ

第11話:すっぴんの成功体験で、私はもっと自由になった

第12話:「メイク」にまつわる7つの数字を、私なりに読み解いてみた

第13話:すっぴんの広告があってもいいじゃん。矛盾だらけのお願いを会社の先輩に頼んだ。

第14話:毎週欠かさずメイクをする男性上司に、ビジネスのための「メイク」について聞いてみた

第15話:「就活するときに、メイクを始める友だちに違和感」女子大生が化粧をやめられないのはなぜ?

第16話:インスタ見て、こんなメイクに挑戦してみませんか。右も左も同じ顔しかないと嘆くあなたへ。

第17話:デパート1階の化粧品売り場、抵抗あるのは私だけ?

第18話:化粧の薄さが世の中に認められるとき。「ちーがーうーだーろー!」前衆院議員の豊田真由子さんの謝罪動画を見て

第19話:ある女性アーティストのノーメイク宣言は、なんで炎上したのか

第20話:初デートで彼女がすっぴんで来たら、どう思う? 7カ国の男性に聞いてみた

第21話:午前1時、「化粧を落とせ」という呪いをマンガにしてみた

第22話:「ありのままの君がいい」という言葉、実は別のプレッシャーになっています。

第23話:ワンデーすっぴんにチャレンジした3人の働きウーマン。結果は...?

第24話:「企業には世界を良くする力がある」メイクでビジネスと社会を変えてしまった3人

第25話:渡辺直美のVOGUEメイク動画は全く参考にならない。なのに何度も見てしまうのはなぜ?

第26話:1カ月間ノーメイクを決めた私の「メイクしたい」欲求を同僚(男性)にぶつけてみた

第27話:仕事の日もすっぴんでいることは、まるでワンルームアパートに住んでいるみたい

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp