朝日新聞メディアラボ
朝日新聞メディアラボさんの最新投稿情報を受け取る
激変するメディア環境に立ち向かう新組織として朝日新聞社内で発足しました。「新聞ビジネスとはこういうもの」いった既成概念にとらわれない新しい商品やビジネスの開発を目指す「実験室」です。

https://www.facebook.com/AsahiMediaLab

http://www.asahi.com/shimbun/medialab/

朝日新聞メディアラボさんによる記事一覧

災害の新しい伝え方は。グローバルエディターズネットワーク(GEN)によるTokyo Editors Lab ハッカソン開かれる 

(0) コメント | 投稿日 2017年06月09日 | 20時31分

新しい災害報道のあり方を探ろうと、欧州を中心としたデジタルメディアの世界的組織GENによるハッカソンが東京都港区で開かれました。

記事を見る

米発の非営利VC「エンデバー」日本上陸 起業のエコシステム支援へ 松本大、孫泰蔵氏らが参画

(0) コメント | 投稿日 2017年03月23日 | 19時27分

ボードメンバーの孫泰蔵氏はエンデバーについて「日本のスタートアップの世界進出応援団」だと説明する。

記事を見る

源流はドラゴンボール?「ウェアラブル」で未来を見るイノベーターたちの挑戦

(0) コメント | 投稿日 2016年11月24日 | 09時55分

広瀬竜史「今年はVR元年と言ってもいい。今期は億単位のビジネスに狙いたいですね」

記事を見る

米ケンブリッジ発、スタートアップ生み出す巨大装置CIC、日本に照準 (井上未雪)

(0) コメント | 投稿日 2016年07月11日 | 18時14分

世界最大級のイノベーションセンターCICが日本上陸を検討している。CIC創設者でCEO、投資家でもあるティモシー・ローさんに話を聞いた。

記事を見る

2016年は「VR元年」? 消えたグーグルグラス、3Dテレビにないものは  (井上未雪)

(0) コメント | 投稿日 2016年06月22日 | 13時28分

技術が発展すれば、映画「マトリックス」のように仮想と本物の境界のない体験も可能になるだろう。

記事を見る

NY激流メディア NowThis を通じてみる米メディアトレンド(井上未雪)

(0) コメント | 投稿日 2016年01月11日 | 16時31分

「読者(視聴者)のいるところにめがけてニュースを適性な様式で流していく」これがNowThisの真骨頂だ。

記事を見る

NY激流メディア カフェとスタートアップの美味しい関係 インキュベーション施設が熱い(井上未雪)

(0) コメント | 投稿日 2015年12月06日 | 08時48分

マンハッタンのきらびやかなネオンとは対照的な、装飾のないれんが造りの建物が並ぶこの地区には、著名なスタートアップのインキュベーターがある。

記事を見る

アメリカに挑む 日本の若き起業家5傑

(2) コメント | 投稿日 2015年10月29日 | 10時57分

安倍晋三首相は今年4月、現地を訪れて「5年で200社の日本企業をシリコンバレーに送り込む」と宣言した。多くの日本人が「いざシリコンバレーへ」状態だ。

記事を見る

ドローン記者 ケニアからの挑戦(竹下隆一郎)

(0) コメント | 投稿日 2015年10月04日 | 19時08分

ドローンによって、記者たちは、これまでとはまったく違う切り口で、世界を観察できる。

記事を見る

ニュース・テックの時代が来る ネットメディア20年と今後

(0) コメント | 投稿日 2015年08月26日 | 02時10分

阪神大震災が起き、野茂英雄投手が米大リーグに渡った1995年。ニュースのオンライン化が本格的に進んだ。

記事を見る

フェイスブックが2040年に出来ていたら

(4) コメント | 投稿日 2015年08月19日 | 12時24分

もしフェイスブックがまだ生まれていなく、2040年に出来ていたら、まずはスペイン語サービスとして始まっていたかもしれない。

記事を見る

NY激流メディア 新しいメディアづくりに挑む授業(井上未雪)

(2) コメント | 投稿日 2015年08月17日 | 18時45分

ニューヨーク市立大学院ジャーナリズムコースの起業家ジャーナリズムコースでは、よりよいジャーナリズムのためメディアのスタートアップの立ち上げを支援する、というのが目標だ。

記事を見る

NY激流メディア 書くために稼ぐ時代?「起業家ジャーナリズム」を学びにNYへ(井上未雪)

(1) コメント | 投稿日 2015年06月21日 | 12時31分

ニューヨーク・タイムズ本社の数軒隣にニューヨーク市立大ジャーナリズム学科がある。この大学院に、記者が自ら新メディアやビジネスを作ることを学ぶ「起業家ジャーナリズム」コースがある。この大学院に2014年1月から1年間通った。

記事を見る

シリコンバレー発 アルジャジーラのアプリが面白い(竹下隆一郎)

(4) コメント | 投稿日 2015年05月19日 | 01時39分

どうしたら、読者がニュースの速度についてきてもらえるか。そんな課題に挑戦しているのが、「アルジャジーラ」のスマホ用ニュースアプリ「AJ+」だ。

記事を見る

学生発!未来のサービスは握手? 東大主催・日本最大級学生ハッカソン

(0) コメント | 投稿日 2014年12月26日 | 11時54分

学生の新たな感覚と新規事業のヒントを求めて、朝日新聞社メディアラボもメディアパートナーとして4人が"観戦"した。

記事を見る

あのサービスも実は学生発! 東大で「開発甲子園」開催中、新サービス誕生か

(0) コメント | 投稿日 2014年12月15日 | 22時21分

大学とは何をするところだろうか。学問をするところ? 就職に必要な知識を身につけるところ? それとも遊ぶところ?どれも正しいのだろうが、「大学にもっと別の価値もあるはず」と考える人たちが、東京大の本郷キャンパスでこんなイベントを開いている。

記事を見る

ライバル新聞社5紙協力で話題、初のハッカソン開催 担当者語る

(1) コメント | 投稿日 2014年10月01日 | 20時05分

朝日新聞社は10月18日と25日、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞グループ、産経新聞社・産経デジタルと協力して5社でハッカソンイベントを開催します。

記事を見る

ハッカソンとは?のらなきゃソン?企業が続々参入のワケ

(5) コメント | 投稿日 2014年06月05日 | 10時56分

「佐渡へ佐渡へ...」よろしく、今、日本の企業や団体がどんどんなびいているものがある。それは「ハッカソン」。「ハック(Hack)」と「マラソン(marathon)」を混ぜてつくられた言葉だ。

記事を見る

米MITが火を付けた「ネット留学」、ビジネスになるか

(2) コメント | 投稿日 2014年04月11日 | 17時59分

世界の名門大学や有名人の授業をインターネット上の動画で見られる時代がやってきた。海を渡らなくても、スマートフォン片手に科学や起業の手法などを学べる「ネット留学」だ。日本でも、大学や企業が教育動画の配信に乗り出しているが、お金を稼ぐ大きな「ビジネス」につながるかどうかはまだ分からない。

記事を見る

朝7時!禁断のベンチャー会合をのぞいてみた(林亜季 竹下隆一郎)

(4) コメント | 投稿日 2014年01月16日 | 08時20分

午前7時にスタートという時点で、集まってくる人たちは本気です。昨年12月12日。まだ暗い中、東京・新宿の高層ビルの一室をのぞくと、大企業の社員や投資家ら250人が、顔を紅潮させながら「モーニングピッチ グランドフィナーレ2013」というイベントに出ていました。

記事を見る