profile image

橘玲

作家

JIji

特定秘密保護法案と自分勝手なひとたち

国家機密の漏洩に罰則を課す特定秘密保護法案が与党の強行採決で成立しました。これに対して法案に反対するひとたちは、国会周辺でデモを繰り返し、「恥を知れ」と叫んでいます。自民党の石破茂幹事長が、「(デモの)絶叫戦術はテロ行為と変わらない」とブログに書いたことで、絶叫はさらにヒートアップしてしまったようです。
2013年12月24日 17時48分 JST
jiji

「人間力」はうさんくさい

政府の教育再生実行会議が、知識偏重の大学入試をやめて「人間力」で生徒を選ぶべきだと提言しています。面接や論文、高校の推薦書、部活動やボランティアの活動歴などから21世紀の日本を担う"グローバル人材"を選抜し、育てていくのだそうです。ところで「人間力」とはいったい何でしょう?
2013年12月15日 23時33分 JST
THE HUFFINGTON POST

"芸術"という腐った楽園

スクープは大きくふたつに分けられます。ひとつは、これまで一般に知られていなかった秘密を暴くもの。もうひとつは、誰もが当たり前だと思っていたことに対して、「それはルール違反だ」と指摘するものです。公募美術展「日展」の書道部門で、入選数を有力会派に事前分配していたという朝日新聞のスクープは後者の典型でしょう。
2013年12月09日 17時04分 JST
Getty

既得権を守るために「日本人はバカだ」という

楽天の三木谷浩史社長が、医薬品のネット販売規制に抗議して、政府の産業競争力会議の民間議員を辞任すると表明しました(慰留され11月18日に撤回)。この会議はアベノミスクの三本目の矢である成長戦略の要とされていましたが、その象徴的存在だった三木谷氏に三行半を突きつけられたことで、安倍政権の規制緩和への本気度が問われています。
2013年12月01日 22時38分 JST
THE HUFFINGTON POST

マリファナも売春も合法化が進んでいる

売春は世界的に合法化されつつあり、ドイツ、オランダ、デンマーク、ベルギー、スイス、オーストリアなどでは売春斡旋業(置屋)も認可制です。売春合法化は女性の人権団体からも支持されています。国家が売春を犯罪化すると、反社会的集団にビジネスの余地が生まれ、売春婦の労働環境が劣悪なものになってしまうからです。
2013年11月25日 00時33分 JST
THE HUFFINGTON POST

そもそもメニューを信じる方がおかしい

こうしてメニューの書き換えが日常化していったのだとすると、今回のトラブルが必然だったことがわかります。連日のように同様の食材偽装が明らかになっていますが、こんなことは当たり前で、「そもそもメニューを信用するほうがおかしい」ということなのでしょう。
2013年11月17日 23時45分 JST

理想は常に現実の前に敗れていく

日本の宝くじは期待値が5割以下で、世界でもっとも割の悪いギャンブルです。そのため経済学者はこれを「愚か者に課せられた税金」と呼んでいますが、この国では自治体関係者とスポーツ関係者が"愚か者"の財布を奪い合っているのです。
2013年11月11日 02時46分 JST

天に向かってつばを吐けば、それは自分の顔に戻ってくる

福島第一原発の汚染水流出問題を受け、韓国政府は福島など8県の水産物の輸入全面禁止に踏み切りました。これに対して日本政府は、「出荷される水産物はいずれも基準値を下回っており安全規制には科学的根拠がない」としてWTO(世界貿易機関)への提訴を検討しています。
2013年10月27日 23時23分 JST

消費税増税と2020年の日本

近所の店にご飯を食べに行くと、顔馴染みの店主から「消費税、どうすればいいんですかねえ」と相談されました。来年4月から消費税が8%に引き上げられることが決まりましたが、それに合わせて680円の定食を700円に値上げできるかどうか悩んでいるのです。
2013年10月20日 22時46分 JST
aga7ta

"リベラル"とはいったいなんだろう?

すこし前に「リベラルが保守反動になった」という話を書いたところ、「リベラルの定義はなんですか?」という質問をいただきました。これはなかなか難しいのですが、わかる範囲でこたえてみましょう。
2013年10月14日 23時20分 JST

プレゼンでは大事なことは決められない

プレゼン型の意思決定は、どうでもいい問題を扱うときに最大の効果を発揮するのかもしれません。どのプランも大したちがいがないならば、「プレゼンの上手い人間がもっとも優秀だ」と考えてもたいていはうまくいくからです。
2013年10月07日 18時12分 JST

ガラパゴスじゃやっぱりダメだよ

ガラパゴス化したひとたちの特徴は、「日本は特別だ」という肥大化した自我と、「世界では通用しない」という劣等感です。こうした錯覚をただすのはとても難しいのですが、市場は損得によってそれを見事に成し遂げることができるのです。
2013年10月01日 17時14分 JST

日本の自殺率は、長期的には高くなっていない

たしかに日本の自殺者数は1900年の約1万人から現在の約3万人まで、時代ごとの増減はあるものの右肩上がりで増えています。しかしこれだけで、「日本は自殺大国になった」と決めつけることはできません。元になる人口そのものが増えているからです。
2013年09月25日 15時01分 JST

「NEET株式会社」という冒険

「取締役」は特別な役職ではなく、会社をつくれば誰でもなれます。今では1円から株式会社が設立できるのですから、「ニート」や「フリーター」などと呼ばれるくらいなら、会社(マイクロ法人)をつくって社長(取締役)になってしまえばいいのです。
2013年09月09日 19時34分 JST

リベラルが"保守反動"になった理由

理想が実現してしまえば、その成果である現在を理想化するしかありません。こうして夢を語れなくなったリベラルが保守反動となり、穏健な保守派が"ネオリベ的改革"を求める奇妙な逆転現象が生じたのです。
2013年09月03日 16時24分 JST

いつまでもつづく"居心地の悪い夏"

8月の風物詩といえばお盆と夏祭りと決まっていたのですが、いまや靖国問題と歴史認識がそれにとって変わろうとしています。これはもちろん、中国や韓国からの強い批判があるからですが、「戦争責任」が問われる理由はそれだけではありません。
2013年08月26日 00時50分 JST

カオナシとなった民主党は日本人の自画像?

宮崎駿のアニメ『千と千尋の神隠し』には、カオナシという妖怪が登場します。カオナシはその名のとおり、自分の顔(アイデンティティ)を求めてさまよっています。過去を否定し、"ほんとうの自分"を探しつづける民主党はこのカオナシのようです。
2013年08月12日 18時26分 JST

やっぱりみんな"ネオリベ"になった

いま起きていることは、オールドリベラルが生み出した福祉社会が機能不全になった時代の必然です。日本の政治は今後、「保守的なネオリベ」と「現実的なネオリベ」に二極化していくことになるでしょう。
2013年08月05日 23時32分 JST

"憲法改正"論議がカルト化していく理由

憲法護持派は、現行憲法にはなにか特別なちからが宿っていて、9条の文言を変えればたちまち日本を災いが襲い、戦争に巻き込まれると信じているようです。これは、言霊信仰以外のなにものでもありません。しかしそれをいうなら、憲法改正派もまた同じ言霊信仰に毒されています。
2013年07月29日 23時10分 JST