profile image

Chika Igaya

猪谷千香 ハフポスト日本版レポーター

明治大学大学院文学研究科考古学専修博士前期課程修了後、産経新聞文化部記者などを経て、ドワンゴコンテンツでニコニコ動画のニュースを担当。2013年4月から現職。
猪谷千香

女子だってプログラミングしたい! フィンランド発プログラミング女子「レイルズガールズ」とは

女子だってプログラミング! フィンランドで始まった、女性を対象としたプログラミングのワークショップ「レイルズガールズ」が世界中で広がっている。これまでに227都市で開催、1万人以上の女性が参加。日本でも2012年から7都市で開かれている。なぜ女性たちは今、「プログラミング女子」を目指すのか?
2015年02月25日 19時38分 JST
猪谷千香

「21世紀の資本」ピケティ氏は日本のメディアに何を語ったのか?【全文】

世界的なベストセラーとなっている「21世紀の資本」。その著者で、フランスの経済学者であるトマ・ピケティ氏が1月29日に来日した。日本にピケティ・ブームを巻き起こした。4日間の滞在中にピケティ氏は何を語ったのか。日本記者クラブで開かれた会見の全文を掲載する。
2015年02月10日 22時08分 JST
猪谷千香

日常をリセットする「街の本屋さん」神楽坂に「かもめブックス」オープン

東京・神楽坂に一軒の書店がオープンした。その名は「かもめブックス」。運営するのは、書籍専門の校正会社「鴎来堂」(東京都新宿区)だ。全国で1日1軒というスピードで書店が消えている今、なぜあえて「街の本屋さん」なのだろうか。オープン間もない「かもめブックス」を訪ねてみた。
2015年01月15日 23時10分 JST
Dean Mouhtaropoulos via Getty Images

国立美術館の改修になぜ10年もかかったのか?

レンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」「手紙を読む青衣の女」などの名作を所蔵することで知られるオランダのアムステルダム国立美術館。2013年4月に大規模改修を終えてグランドオープンしたが、それまでの10年間、この美術館には数々の試練が降りかかった。一体、何が起きたのか?
2015年01月09日 18時24分 JST
猪谷千香

「ムーミン幼稚園」が東京・赤坂にオープン 日本初のフィンランド式幼児教育

日本で初めてとなる本格的なフィンランド式幼児教育が行われる「ムーミン インターナショナル キンダーガーデン」が東京・赤坂にオープンした。ムーミンのキャラクターを公式に“大使”として採用、「自然」「創造性」「持続可能性」に重点を置いて子供一人ひとりに適した質の高い早期教育を目標に掲げているという。
2015年01月05日 19時29分 JST
猪谷千香

【地方創生】公共事業を「墓標」から「稼ぐインフラ」へ転換する方法とは?

「地域活性化」という名目で、補助金を注ぎ込まれる公共事業。しかし、客足も売上も見込んでいた目標に届かず、巨額の維持費用は住民の生活に重くのしかかるという悪循環へ。失敗を繰り返さないためには何が必要なのか。エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉さんに聞いた。
2015年01月01日 01時09分 JST
LIONEL BONAVENTURE via Getty Images

私たちに必要なのは、「ほんのすこしの想像力」かもしれない。

今年の夏、地下鉄の駅の階段でベビーカーを下ろそうとしている若い母親を見かけた。左手で1、2歳の子どもの手をつなぎ、右手でベビーカーを持っていた。肩には大きな荷物がかかっている。声をかけようかと思った時、先にスーツを着た女性が近づいた。
2014年12月26日 18時06分 JST
猪谷千香

「地方創生」と「少子化対策」に今、何が必要か 増田寛也氏の講演レポート

衆議院総選挙では、地方活性化や少子高齢化といった問題をどうするか、各党や立候補者はそれぞれ公約を掲げている。果たして実現には何が必要なのか。12月14日の投開票日を前に、「地方消滅」(中公新書)の著者である増田寛也氏が9月、東京・内幸町のフォーリン・プレス・センターで行った講演の様子を振り返り、あらためて「地方創生」と「少子化対策」を考えるきっかけとしたい。
2014年12月13日 15時35分 JST
©七尾ゆず 集英社クリエイティブ

年収200万円以下、アラフォー、独身の漫画家が挑んだ「おひとりさま出産」

年収200万円以下の漫画家、独身、アラフォー、一人暮らし。子どもを産んで育てるには厳しい環境の中、一人で出産に挑むという実際の体験を描いた七尾ゆずさんのコミックス「おひとりさま出産」(集英社クリエイティブ)が刊行され、同世代の女性たちを中心に衝撃を与えている。なぜ七尾さんは子供を産もうと決意したのか。
2014年12月13日 02時48分 JST
猪谷千香

"土偶女子"に聞く国宝「土偶」その魅力とは?

国宝に指定されている「土偶」5体すべてが今、東京・上野の東京国立博物館で開催中の「日本国宝展」(12月7日まで)で史上初めて、一堂に会している。「はじめての土偶」(武藤康弘監修、世界文化社)の著者で、「土偶女子」代表の譽田亜紀子さんにその魅力と見どころを聞いた。
2014年12月03日 17時29分 JST
猪谷千香

【どわんご保育園】川上量生・ドワンゴ会長が社内保育施設を作った理由

ニコニコ動画などのサービスを運営するドワンゴ(東京都中央区)が12月1日、社内に保育施設「どわんご保育園」をオープンした。次々と新たな展開をみせるドワンゴだが、9月に第一子である長女が生まれたばかりというドワンゴの川上量生会長に、「どわんご保育園」設置の真意を聞いた。
2014年12月01日 15時41分 JST
猪谷千香

「進撃の巨人展」で"等身大"超大型巨人が登場 新キャラの生原稿も

人気漫画の世界が体験できる「進撃の巨人展」が11月28日、東京・上野の森美術館(東京都台東区)で開幕する。コミックの累計発行部数4000万部を超え、国内外で高い人気を誇る「進撃の巨人」だが、今回が初めての大型展覧会。貴重な原画やリアルスケールの超大型巨人、立体機動装置で巨人との戦いが体感できるシアターなどで、エレンやミカサ、アルミンの世界へと誘う。
2014年11月27日 18時28分 JST
猪谷千香

「国宝展」東京国立博物館で開幕 「金印」や「玉虫厨子」など一度は教科書で見たことのある名品ずらり

誰もが一度は教科書で見たことのある「国宝」が集結する「日本国宝展」が東京・上野の東京国立博物館(東博)で開催されている。現在、文化財の中でも特に歴史的、美術的に価値の高い1092件が、たぐいまれな国の宝として「国宝」に指定されている。その中から選りすぐった119件の国宝を通じて、信仰というテーマのもと、日本文化の基層である祈りや精神の形成を俯瞰する。
2014年10月29日 16時03分 JST
猪谷千香

【マタハラ訴訟】最高裁初の判断に反応まっぷたつ この問題を解決しないと何が起こる?

妊娠後に降格させられたのは、法律に違反するとして、広島市の女性が勤めていた病院側に損害賠償を求めていた訴訟で10月23日、最高裁は一審、二審の判決を破棄、広島高裁に差し戻す上告審判決を下した。この訴訟はマタハラに対する初の最高裁判断だったが、賞賛が寄せられる一方、一部では批判やバッシングもあった。では、この問題を解決しなければ将来、何が起こるのだろうか?
2014年10月23日 23時37分 JST
猪谷千香

「マタハラ」で起こる女性の人生ドミノ倒し 味方にならない労働局、心ないバッシングに疲弊

妊娠を理由に職場で降格されたのは法律に反すると訴えた訴訟の上告審判決が10月23日、最高裁で言い渡される。妊娠や出産をきっかけに解雇・雇い止めされたり、減給、降格されるなどの嫌がらせを職場で受けるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)。マタハラは女性の人生に二次被害、三次被害をもたらし、「人生のドミノ倒し」に陥る危険がある。実際に被害に遭った女性が語ったことは?
2014年10月22日 23時38分 JST
猪谷千香

京大天文台、存続危機で寄付呼びかけ 日本初の研究費獲得特化型クラウドファンディングとは

存続の危機にさらされている京都大学の天文台が、ネットで広く支援をつのるクラウドファンディングで合計350万円の寄付を呼びかけている。利用されたのは、日本初の研究費獲得特化型クラウドファンディングサイト「academist」(アカデミスト)だ。運営する株式会社エデュケーショナル・デザイン(東京都文京区)の代表取締役の柴藤亮介さんに、日本のアカデミズムの「未来」を聞いた。
2014年10月09日 01時53分 JST
猪谷千香

「地方創生」は現実になるか? 小泉進次郎政務官が岩手県紫波町で見たもの

「地方創生国会」と安倍晋三首相が位置づける臨時国会が9月29日、招集された。政府は東京の一極集中や人口減に有効策を打ち出せるのか。そのヒントを得るため、「地方創生」を担当する小泉進次郎政務官は臨時国会直前、岩手県紫波町を訪れ、公民連携の「オガールプロジェクト」を視察した。
2014年10月01日 18時40分 JST