profile image

Chika Igaya

猪谷千香 ハフポスト日本版レポーター

明治大学大学院文学研究科考古学専修博士前期課程修了後、産経新聞文化部記者などを経て、ドワンゴコンテンツでニコニコ動画のニュースを担当。2013年4月から現職。
Copyright Crezalyn Nerona Uratsuji via Getty Images

少子化なのになぜ待機児童は生まれるのか? 子育てと政治の「関係」

少子化なのに、なぜ保育園に入れない子どもがあふれるのか。そんな国民の素朴な疑問に向き合い、保育の現場取材を続けているジャーナリストの猪熊弘子さんが「『子育て』という政治」(角川SSC新書)を上梓した。2015年度からは「子ども・子育て支援新制度」もスタート。今、政治とは切っても切れない私たちの「子育て」が抱える課題について、猪熊さんにインタビューした。
2014年09月27日 01時02分 JST
猪谷千香

進む日本の貧困化 「母子家庭」「20代前半男性」「子ども」で際立つ

日本の貧困化が進んでいる。2014年7月に発表された「平成25年国民生活基礎調査」によると、18歳未満の子どもの貧困率は16.3%と過去最悪を更新。「日本は平等で貧富の差がない」というのが私たちの“常識”だったが、最新のデータはそれを裏切る結果となっている。国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩・社会保障応用分析研究部部長が日本の貧困の実態やその背景について語った。
2014年09月24日 23時05分 JST
猪谷千香

【マタハラ】広がる被害者の声 ネットで署名8000人、9月23日にはシンポジウムも

妊娠や出産をきっかけに解雇・雇い止めされたり、降格されるなどの職場で嫌がらせを受けるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)をなくそうという声が広がっている。ネットで8000人以上の署名が寄せられてるほか、9月23日には東京でシンポジウムも開催される。
2014年09月22日 18時42分 JST
猪谷千香

東京・麹町の取り壊し予定のビル1棟丸ごと、期間限定で「美術館」に【画像】

壊される寸前のオフィスビルが丸ごと一棟、斬新で自由な「美術館」に生まれ変わった。東京・麹町で9月15日まで開かれているアートイベント「#BCTION」。舞台となったのは築50年に届こうというビルで、老朽化などの理由から建て替えが決定、10月には引き渡される運命だ。
2014年09月13日 20時20分 JST
アナと雪の女王

「アナ雪」のクリストフはなぜ業者扱い? 夏野剛×黒瀬陽平×東浩紀の3氏が新解釈

映画「アナと雪の女王」は美しい映像や楽曲に加え、女性たちの共感を得て大ヒットとなっているが、果たして、男性視点で見たらどうなるのか? 慶應大学大学院特別招聘教授の夏野剛さん、美術評論家の黒瀬陽平さん、そして作家で批評家の東浩紀さんが熱く議論。
2014年08月08日 16時23分 JST
猪谷千香

「ヨコハマトリエンナーレ2014」 華やかなポールダンスで開幕

横浜市を舞台に3年に1度開催される国際美術展「ヨコハマトリエンナーレ2014」が8月1日に開幕した。展覧会を構成するアーティスティック・ディレクターは、美術家の森村泰昌さん。「忘却」をテーマに、世界から65組の作家が参加。横浜美術館と新港ピア(新港ふ頭)の2会場を中心に400点を超える作品が展示される。
2014年08月05日 00時09分 JST
Packychong Song

もうひとつのジューン・ブライド 男性2人が東京・青山で「自分たちらしい」結婚式

白い邸宅にグリーンが鮮やかなガーデン。東京・青山にある瀟洒な結婚式場「青山迎賓館」で6月、あるカップルが結婚式を挙げた。バージンロードに登場したのは、2人の男性。西田卓矢さんと菱沼聖哉さんだ。家族や親しい友人たちが見守る中、一歩一歩バージンロードを進んで向かい合い、お互いのタイを結び合あって、永遠の愛を誓った。
2014年07月30日 19時16分 JST
猪谷千香

マタハラ被害の女性たちが「マタハラNet」 体験談や法律の情報発信へ

妊娠や出産をきっかけに受ける「マタニティ・ハラスメント」の撲滅に向け、被害者の女性たちが「マタハラNet」を設立。7月29日には初めての交流会が東京で開かれた。今後はネットワークを広げ、「安心して妊娠、出産、子育てしながら働き続けられる社会の実現」を目標に活動していくという。
2014年07月29日 22時23分 JST
Cavan Images via Getty Images

「反転授業」 先駆者アーロン・サムズさんが語るその効果と課題

基本的な学習は授業前に宿題として行い、学校の授業では応用力や課題学習などに注力する「反転授業」(Flipped Classroom)。2000年代から、アメリカの初等中等教育を中心に草の根的に広がり、日本でも2012年ごろから関心が高まっている。その先駆者であるアーロン・サムズさんが日本で講演、そのメリットと課題を語った。
2014年06月18日 16時04分 JST