profile image

駒崎弘樹

認定NPO法人フローレンス代表理事、一般財団法人日本病児保育協会理事長、NPO法人全国小規模保育協議会理事長

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、日本初の「共済型・非施設型」の病児保育サービスとしてフローレンスをスタート。展開。また10年から待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。政府の待機児童対策政策に採用される。以後、内閣府非常勤国家公務員、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員などを歴任。著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『働き方革命』(ちくま新書)ほか。一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2か月の育児休暇を取得。

「ゆう活」は失敗したのか

実際の残業時間数がどの程度削減されたか、あわせてみるべきで、そうでないと本当の効果は計れません。
2015年11月09日 00時10分 JST
MIXA via Getty Images

僕が提案し続けてきた「保育士試験を年に複数回に」が実現へ

僕は子ども子育て会議という有識者審議会において、年1回しかやっていない保育士試験を、複数回にしてほしい、と訴え続けてきました。というのも、待機児童解消のボトルネックの一つが、都市部における保育士不足。今年はこれによって、4月開園予定だったにも関わらず、保育士がいなくて開園できなかった園が、東京各地で見られました。
2014年10月13日 17時37分 JST
sturti via Getty Images

児童虐待の現場を見た

帰り道。改札を出ると、騒然としていた。子どもを父親が全力で殴りつけたという。側に駆け寄ると、七歳くらいの知的障害児が号泣してる。駅員さんがどうしたら良いか分からなそうだったので「児童虐待防止法では通報義務があります。警察を呼びましょう」と話す。父親は微動だにせず、一点を凝視していた。
2014年08月09日 22時22分 JST
 

子ども子育て会議、前半戦が終わった雑感

保育・子育て支援関係者以外興味の無い内容かと思いますが、備忘録として。今日、実は日本の保育政策の60数年ぶりの大改革となる子ども子育て新制度の公定価格(補助額)仮単価という大きな山が取りまとまりました。ここまでの自分の動きの総括代わりに、雑感を。満足度として50%、政策提言実現度も5割と言ったところ。まず実現できた成果から。
2014年05月27日 15時19分 JST
駒崎弘樹

女性管理職率アップのために、今すぐオーストラリアからパクってこれる1つの行動

安倍総理が、女性管理職を増やそう、という大号令をかけています。実際に国家公務員の採用において女性を3割以上にすることを決めました。政策として女性を活用しようと数値目標を掲げるのは、非常に頼もしいです。しかし、現状の女性管理職は10%。欧米の3〜4割には遠く及びません。この逆風の中、女性だけに単に「頑張れ!!」といっても、中々大変そうな状況です。
2014年03月20日 15時42分 JST