profile image

駒崎弘樹

認定NPO法人フローレンス代表理事、一般財団法人日本病児保育協会理事長、NPO法人全国小規模保育協議会理事長

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、日本初の「共済型・非施設型」の病児保育サービスとしてフローレンスをスタート。展開。また10年から待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。政府の待機児童対策政策に採用される。以後、内閣府非常勤国家公務員、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員などを歴任。著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『働き方革命』(ちくま新書)ほか。一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2か月の育児休暇を取得。

声をあげれば、何かが動く

先日の大阪のDVを受けていた母子の餓死事件を受け、何かできることはないかと思い、大阪市の淀川区長にTwitterで話しかけてみました。
2013年06月02日 23時33分 JST

隣家で親子が餓死することが「普通」にならないように、僕たちがせめてできること

大阪で28歳の母と3歳の子どもが餓死しました。「子どもに、もっと良い物を食べさせてあげたかった」という趣旨のメモが残されていたそうです。先進国において、餓死ですよ。信じられません。そしてひどく悲しい。でも、悲しむだけでなく、僕たち、いち市民ができることもあります。
2013年05月28日 00時01分 JST

株式会社の認可保育所参入について

保育所への株式会社参入については、幾つかセットで検討しなくてはいけないテーマがあります。それは(1)配当規制(2)撤退スキーム(3)情報開示義務 です。
2013年05月08日 22時21分 JST