profile image

山口浩

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授

1963年生まれ。専門はファイナンス、経営学。コンテンツファイナンス、予測市場、仮想世界の経済等、金融・契約・情報の技術の新たな融合の可能性が目下の研究テーマ。著書に『リスクの正体!―賢いリスクとのつきあい方』(バジリコ)がある。「H-Yamaguchi.net」を運営。

「日本しぐさ」とでも呼べばいい

かつての「江戸」しぐさを取り戻せ、ではなく、街中でのよりよいマナーを身につけよう、ということだ。当然、「江戸しぐさ」と呼ぶ必要はない。江戸発祥だという証拠はないんだし、歴史と関係なく、地域とも関係なく、これから日本全体で普及すればいいということだしというわけで、ちがった呼び方をすれば丸く収まるんじゃないかな。
2013年08月19日 00時45分 JST

誰かに「死ねばいい」と思われること

「戦前」に興味が向いたのは、ある意味時節柄、でもある。そもそも日本人にとって8月というのは特別な時期だ。特に今年は、自衛隊を国防軍に変える憲法改正を旗印に掲げた政党が、数ある政策課題の中でも特に憲法改正に強いこだわりを持った党首を担いで数年ぶりに政権を奪還してから最初の8月であり、また(これは現政権のせいばかりではないが)周辺諸国との緊張関係が高まりゆく中での8月だ。副総理が憲法改正に際して「ナチスに学ぶべき」と発言して物議を醸した件も、こういう風潮の中だからこそ洒落じゃすまないものを人々が感じ取ったということだろう。
2013年08月16日 01時03分 JST

『風立ちぬ』を見てきた

遅ればせながら、『風立ちぬ』を見てきた。以下、感想文。えらそうに評論などするつもりはないので、あくまで感想。あと、連想と妄想をちょっとずつ。手短にしようと思ったがちょっと長めになっちゃった。最初に書いとくが、この作品、好きか嫌いかといえば、好き。かなーり、好き。
2013年08月12日 23時35分 JST

鯨と日本人について (On Japanese people and whales)

捕鯨については、一見、科学的な議論が行われているようにみえるが、実はその裏に、どちらの側も、歴史的、文化的、あるいは感情的なものに動かされた議論が大きな要素を占めているように思う。というわけで、4年ほど前にこのブログで書いた記事をちょこっと修正して再掲してみることにする。
2013年08月06日 23時24分 JST

どんな「日本を、取り戻す」のか

もし「日本を、取り戻す。」が、かつての自民党長期政権時代のやり方を取り戻すということであるなら、それには強く反対したい。かつてあのやり方がうまくいったのは、地方に裁量で分配できる成長の果実があったからだが、今はそういう時代ではない。
2013年07月14日 15時11分 JST

ネット選挙運動解禁が変えるのは選挙よりネット

いよいよネット選挙運動解禁ということで、ネットまわりはいつもの選挙と比べて活気づいているようにみえる。この件については既に多くの人がいろいろなことを書かれていて、もう論点は概ね出尽くしているのではないかと思うが、遅ればせながら、少しだけ書いてみる。ごく手短に。
2013年07月10日 17時53分 JST

週刊文春を責めても始まらない

週刊文春には、今回のアンケートを中止するのではなく、最後までやりきって、結果を示してほしかった。もちろん個人攻撃のためではない。社会の中にあって、でもなかなか正面からとらえられることのない、私たち自身の間にある意見の相違を浮き彫りにすることができれば、それには少なからぬ意味がある。
2013年07月08日 23時00分 JST

「シャラップ!」より問題なのは

大使の「シャラップ!」を恥じたり笑ったりする前に、日本が人権に関して大きな課題を負っていることを憂うのがスジというものだろう。民主主義社会では、それらは主権者たる私たち自身の問題でもあり、現在の状況は、大きな意味では私たち自身が選びとった結果だからだ。
2013年06月16日 23時42分 JST

教育を本気で「再生」したいのなら

現政権が力を注ぐべきは一にも二にも景気回復だ。大学教育の問題も、景気が悪いことから生じているものは少なくない。就職活動の長期化などはまさにその典型例の1つだろうし、教育に予算が割けないのもつきつめれば国の財政が厳しいからだろう。経済成長が軌道に乗り、社会の先行きが明るくなれば、「夢」を追う若者たちも増えてこよう。
2013年06月09日 23時52分 JST

嫌いな表現を守るということ

児童ポルノ禁止法改正案は、今国会にも提出されるといわれている。上記の通り、総じて関心は低いようだ。児童ポルノはどんどん規制されるべきと考える人が多いのはもちろんわかる。私も、子どもの権利を保護することにつながる規制強化なら基本的に賛成だ。しかし、憲法改正が取りざたされる現在の流れの中で考えると、この改正案、中でも表現の自由を制限するマンガ等の規制につながる附則第2条は少なからず危険である。
2013年05月26日 18時41分 JST

市場を2時間早く開ければいいだけの話だろう

東京市場を「外国為替市場などが1日のうちで世界で最初に開く」ようにすることに何の異存もないんだが、だったら単純に市場を2時間早く開けばいいだけの話で、わざわざ標準時を変える必要はないのではないか?
2013年05月22日 16時21分 JST

結局芸能人にしか興味ないんだね

広告塔であれ取材対象であれ、何らかのかたちで芸能人が犯罪者と関わりをもってしまった場合に、芸能人を批判したいばかりに過剰に芸能人の責任を強調する傾向はないだろうか。そしてそれが、芸能人以外の一般のケースを判断する基準に影響を与えたりはしていないだろうか。
2013年05月17日 17時34分 JST

なぜTOEFL義務付けなどという発想が出てくるのか

もし政治家の能力は英語力だけで測るべきではないというなら、それは他の日本人についても同じだ。問題意識はわかるが、安易な発想で教育問題をいじくりまわすのはたいがいにしてもらいたい。
2013年05月08日 22時27分 JST