profile image

岸田法眼

レイルウェイ・ライター

旅、鉄道、小説、時事問題、プロ野球、大相撲、平和などをテーマに執筆。2007年1月にライターデビュー。以降、『TRAIN MODELING MANUAL』(ホビージャパン刊)、『鉄道のテクノロジー』(三栄書房刊)、『鉄道ファン』(交友社刊)、『エキサイティングマックス!』(ぶんか社刊)、『WEBRONZA』(朝日新聞社刊)、『@DIME』(小学館刊)などに寄稿している。 お問い合わせ、御依頼は、こちらへどうぞ
岸田法眼

有権者から見た衆議院選挙の焦点2014

2014年11月21日、安倍晋三首相は「アベノミクス解散」と称し、任期途中で衆議院を解散。国民に信を問う決断をした。衆議院解散当日の永田町はあわただしく、夕方近くになると、マスコミが自由民主党(以下、自民党)本部に駆けつけていた。
2014年11月26日 22時57分 JST
岸田法眼

車内改札がわずらわしいとは思わない

私は、車内改札がわずらわしいと思ったことは1度もない。なぜなら、"当たり前の光景"だから。きちんと正規のきっぷを買えば問題ないし、万一乗り間違えや乗車区間の変更などが生じたときは、車掌がきちっと対応してくれる(客の立場としては、お手数をおかけしているので、申し訳ない)。
2014年11月04日 15時52分 JST
岸田法眼

「クライマックスシリーズの廃止を」の反響

プロ野球に対する関心の高さを表すとともに、"声を大にして書いた人が非常に少ない"という事実に愕然(がくぜん)とした。野球記者やライターの多くは、この制度に賛成なのか。それとも触れること自体がタブーなのか。
2014年10月30日 17時38分 JST
時事通信社

大動脈の不通

"2014年最強台風"の台風18号が東海地方を直撃した影響で、JR東海エリアの東海道本線は、一部区間で不通が続いている。
2014年10月07日 14時55分 JST
時事通信社

"珠玉のストレート"を投げる男、巨人時代の木田優夫投手

石川ミリオンスターズ(BCリーグ〔プロ野球独立リーグ〕)の木田優夫投手兼ゼネラルマネージャーが現役を引退した。記録よりも記憶に残る投手で、巨人時代は"珠玉のストレート"を武器に、リーグ優勝4回、日本一1回にそれぞれ貢献した。巨人は1986年秋のドラフト会議で、木田優夫投手を1位指名した。背番号は47。187センチ(プロ入り後、1センチ伸びた模様)の長身から投げ下ろす剛速球が武器だったが、制球力に難のある投手だったと記憶している。
2014年09月15日 14時06分 JST
 

総理官邸前での、歌による原発再稼働反対などのデモは無意味だ

2014年9月12日18時過ぎ、東京地下鉄(東京メトロ)国会議事堂前駅最寄りの内閣総理大臣官邸(以下、総理官邸)前では、原子力発電所(以下、原発)再稼働反対と安倍晋三総理大臣辞任の両方を求めるデモに遭遇した。先頭は太鼓などの楽器を使い、参加者全員が熱唱後、代表者が原発再稼働反対を強く訴えた。その列は国会議事堂前駅の3番出入口付近から始まり、4番出入口を通り過ぎたあたりまで続いていた。
2014年09月14日 17時17分 JST