profile image

宿輪純一

映画評論家、経済学博士、帝京大学経済学部教授、 慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融)、公開講義宿輪ゼミ代表

博士(経済学)・エコノミスト。映画評論家。帝京大学経済学部経済学科教授。慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融論)も兼務。1963年、東京生まれ。麻布高校・慶應義塾大学経済学部卒業後、87年富士銀行(新橋支店)に入行。国際資金為替部、海外勤務等。98年三和銀行に移籍。企画部等勤務。2002年合併でUFJ銀行・UFJホールディングス。経営企画部、国際企画部等勤務、06年合併で三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室等勤務、15年3月退職。兼務で03年から東京大学大学院、早稲田大学、清華大学大学院(北京)等で教鞭。財務省・金融庁・経済産業省・外務省等の経済・金融関係委員会にも参加。06年よりボランティアによる公開講義「宿輪ゼミ」を主催し、この4月で10周年、開催200回、会員1万人を超えた。主な著書には、日本経済新聞社から『通貨経済学入門(第2版)』、『アジア金融システムの経済学』、東洋経済新報社から『決済インフラ入門』、『金融が支える日本経済』(共著)、『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか(新版)』(共著)、『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』、『決済システムのすべて(第3版)』(共著)等がある。 Facebook宿輪ゼミ:https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/ 公式サイト:http://www.shukuwa.jp/
 

宿輪純一のシネマ経済学(47) 『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』―ケネディ暗殺がドルショックの主因の一つ

米国第35代大統領ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されたのは1963年11月21日のことで、その50年後に製作された映画。(ちなみに筆者はその63年生まれである)その昨年、ケネディ大統領の長女キャロライン・ケネディが新駐日米国大使に就任した。筆者は米国駐在もあり米国野球も好きであるが、ボストン・レッドソックスがフェンウェイ・パーク球場の試合のとき8回裏の攻撃前に流れる「スイート・キャロライン」は、子供の時のキャロライン・ケネディの曲である。
2014年06月23日 14時15分 JST
 

宿輪純一のシネマ経済学(46) 『ノア 約束の舟』―"トルコ"は世界経済の要所

本作も歴史もの。誰でも知っている、キリスト教旧約聖書の「創世記」に登場する「ノアの箱舟(方舟)」の物語を映画化。("方"は四角の意味)原因は諸説あるが、超大洪水による世界滅亡を知らされた(預言を受けた)男ノア(ラッセル・クロウ)とその家族が、重大な使命を実行しようと巨大な箱舟を建造することになる。さらに、生き物の生命を絶やさぬように、この世の全ての種類の動物をつがいで次々と箱舟に乗せていく。
2014年06月16日 14時34分 JST
 

『ラスト・ベガス』―"景気"には"元気"が必要

Las Vegasはご存知のようにギャンブルの街。その一攫千金的なイメージで、映画の舞台にたびたび採用される。『カジノ』、『オーシャンズ11』、『ハングオーバー』、『ラスベガスをぶっ潰せ』、『バグジー』などなど多い。邦画でも筆者の好きなクレージーキャッツが出演する『クレージー黄金作戦』もある。個人的に、筆者もLas Vegasが好きである。人工的ではあるが、“夢”の世界であるからである。空港にスロットマシンがあるのには驚いた(笑)。最近では、ファミリーのリゾートに急速に変貌を遂げているが。
2014年05月27日 18時11分 JST
 

『マンデラ 自由への長い道』―"強い気持ち"が改革には必要

2013年12月に“95歳”で逝去した元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラが書いた「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」を実写化した伝記ドラマ。南アフリカの有名な人種隔離政策「アパルトヘイト(Apartheid:アフリカーンス語で分離・隔離)」に挑む政治闘士から南アフリカ共和国の大統領となった彼が歩んだ正に波瀾万丈の人生を、重く映画化。
2014年05月19日 17時20分 JST
 

闇金から学ぶ経営と人生『闇金ウシジマくん Part2』 宿輪純一のシネマ経済学(40)

いわゆる闇金をテーマとした映画も多い。本作の原作は「週間ビッグコミックスピリッツ」に連載され、それがテレビドラマとなり、2012年に『闇金ウシジマくん』として映画化された。本作はその続編にあたる。舞台は東京(多分、新宿あたり)であろうか。金融界、そして学問の世界にいるものとして、最初に申し上げるが、闇金は犯罪である。さらに主人公ウシジマは「頭めがけて金属バットをフルスイングできる」別世界の人間でもある。
2014年05月06日 00時43分 JST
BBC Earth Productions Africa Limited and Relianc

映画『ネイチャー』―自然を守る"賢さ"を 宿輪純一のシネマ経済学(39)

原題の「Enchanted Kingdom」とは「魅惑の王国」という意味であろうか。筆者は植物や動物などを始めとした”自然”も大好きで、以前『野生の王国』というテレビ番組も好きであった。しかし、いつも少し悲しくなった。それはいつも、人間のせいで動物が減少し滅亡の危機に瀕していると述べられていたからである。
2014年04月27日 17時56分 JST
 

『アメイジング・スパイダーマン2』―イノベーションではなくてモチベーション

『スパイダーマン』シリーズは、マーベル・コミックス(アメコミ)のヒーローの中でも、比較的メジャー映画化が遅い。『スパイダーマン』(2002年)、『スパイダーマン2』(04年)、『スパイダーマン3』(06年)となっていた。これは、スパイダーマンの動きの映像(イメージ)を実現するのに、3Dも含めたCG(コンピュータ・グラフィック)の技術の進歩が必要であったからと考えている。
2014年04月21日 14時34分 JST
 

『アメイジング・スパイダーマン2』―課題こそが成長のキー

スパイダーマンは62年生まれ(筆者よりも1つ年上!)で、マーベルコミックスの人気アメコミキャラクター。本作は新シリーズ2012年の『アメイジング・スパイダーマン』の続編に当たる。このスパイダーマンの特徴は、アメコミの他のヒーローに比べて、「親愛なる隣人」といわれるだけあって、等身大というか、喜びや悲しみを持って人生を切り開いている。特に恋に悩みながら成長する姿には共感する方も多いのではないか。
2014年04月16日 01時46分 JST
Lonely Planet via Getty Images

『ロボコップ』(その2)――世界中の才能でクールに

本作は、ロボコップのデザインも含め、メカがかなりクールで行けているが、作品自体も現代的でかなり行けている。スタッフをみても、監督ジョゼ・パヂーリャ、主演ジョエル・キナマンで、脇役にもゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソンとかなり強力なメンツで固めている。
2014年03月18日 18時27分 JST
Lonely Planet via Getty Images

『ロボコップ』(その1)――問題なのは機械ではなく、人間

ポール・ヴァーホーヴェン監督の名作『ロボコップ』(87年)をリメイクというより、リブート(再起動・再スタート)させた近未来SFアクション映画。『ロボコップ』シリーズは『2』が90年、『3』が93年に公開。その後も人気は根強く、アニメやテレビシリースになっていた。
2014年03月03日 20時40分 JST
Shutterstock / IvicaNS

『魔女の宅急便』 ――今、必要な規制緩和

角野栄子の児童文学が原作で、宮崎駿によってアニメ化された「スタジオジブリ」による同名アニメ(89年)の実写版リメイクである。今回のリメイクは「アニメから実写」である。このパターンは他にも『ルパン三世』のように最近よくあるが、それだけネタに困ってきているのかもしれない。
2014年02月24日 20時01分 JST
時事通信社

『エージェント:ライアン』――政権による経済政策の特徴

アメリカの軍事・スパイ小説家トム・クランシーが作り出したキャラクター「ジャック・ライアン」が主人公のアクション映画。ジャック・ライアンシリーズの映画としては『レッド・オクトーバーを追え!』(90年)、『パトリオット・ゲーム』(92年)、『今そこにある危機』(94年)、『トータル・フィアーズ』(2002年)に続いて5作目。
2014年02月17日 01時55分 JST