profile image

宿輪純一

映画評論家、経済学博士、帝京大学経済学部教授、 慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融)、公開講義宿輪ゼミ代表

博士(経済学)・エコノミスト。映画評論家。帝京大学経済学部経済学科教授。慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融論)も兼務。1963年、東京生まれ。麻布高校・慶應義塾大学経済学部卒業後、87年富士銀行(新橋支店)に入行。国際資金為替部、海外勤務等。98年三和銀行に移籍。企画部等勤務。2002年合併でUFJ銀行・UFJホールディングス。経営企画部、国際企画部等勤務、06年合併で三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室等勤務、15年3月退職。兼務で03年から東京大学大学院、早稲田大学、清華大学大学院(北京)等で教鞭。財務省・金融庁・経済産業省・外務省等の経済・金融関係委員会にも参加。06年よりボランティアによる公開講義「宿輪ゼミ」を主催し、この4月で10周年、開催200回、会員1万人を超えた。主な著書には、日本経済新聞社から『通貨経済学入門(第2版)』、『アジア金融システムの経済学』、東洋経済新報社から『決済インフラ入門』、『金融が支える日本経済』(共著)、『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか(新版)』(共著)、『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』、『決済システムのすべて(第3版)』(共著)等がある。 Facebook宿輪ゼミ:https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/ 公式サイト:http://www.shukuwa.jp/
時事通信社

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』――産業に不可欠な著作権などの知財問題 宿輪純一のシネマ経済学(26)

このようなキャラクターには「著作権」が大事な点となる。最も有名なキャラクターはミッキーマウスではないか。米国ではいわゆる著作権法がたびたび延長されているが、1928年生まれのミッキーマウスの影響もあるのではないかともいわれている。映画でも書店で、昔のDVDが大変安く販売されているが、この著作権で様々な解釈があり、問題にもなっている。
2014年01月27日 15時48分 JST
Kevin Winter via Getty Images

欧米中心に強化される金融規制――『ウルフ・オブ・ウォールストリート』―宿輪純一のシネマ経済学(25)

なんと、実在した証券ブローカー:ジョーダン・ベルフォートの回想録(『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』)の映画化。筆者も本作の舞台となった時期にウォール街には一時勤務した。『ウォール街』(87年)、『マネー・ゲーム』(2000年)などなど、この時期のウォール街を舞台とした、同様の証券系のテーマを描いた映画は多い。
2014年01月19日 17時06分 JST
Dave J Hogan via Getty Images

高齢者が支える経済――『大脱出』―宿輪純一のシネマ経済学(24)

シルヴェスター・スタローン(67歳)とアーノルド・シュワルツェネッガー(66歳の)の二大超ベテランが共演した"アメリカン"アクション映画。洋上にあるタンカー型監獄からの脱獄がテーマ。日本題がかつての名作『大脱走』(1963年)とダブるのは筆者だけだろうか。
2014年01月14日 18時22分 JST
時事通信社

変化する社会と固定的な制度――『武士の献立』―宿輪純一のシネマ経済学(23)

最近「武士の○○」という時代劇の映画が松竹から続いている。この『武士の献立』の前に、リリースしたのが『武士の家計簿』(2010年)であった。この2本はともに加賀藩が舞台になっている。毛色が違うが『武士の一分(いちぶん)』(2006年)という映画も松竹からであった。
2014年01月05日 17時51分 JST
時事通信社

将来を考えよう――『永遠の0』―宿輪純一のシネマ経済学(21)

太平洋戦争(第二次世界大戦)において、零戦(ゼロ戦)で特攻した搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹(ひゃくた なおき)のベストセラーの映画化。この『永遠の0』であるが、もともとは小説で、なんと売上300万冊を突破しているというから、本当に驚きである。筆者も物書きの端くれであるので、実感として分かるが、この300万という数字はありえない。
2013年12月23日 23時19分 JST
Jun Sato via Getty Images

経済政策の前に必要なもの――『ブリングリング』―宿輪純一のシネマ経済学(20)

無軌道な若者達が、実際に起こした被害総額3億円にもなる窃盗事件の映画化(最近、実話の映画化が多い)。被害にあったのは、パリス・ヒルトン、リンジー・ローハン、ミランダ・カー、オーランド・ブルームなどなどいわゆるセレブ。 Bling Ringとは「ギラギラの指輪」のことであるが、窃盗チームの名前でもあった。
2013年12月16日 15時38分 JST
THE HUFFINGTON POST

ソマリア海賊と米国の貿易黒字――『キャプテン・フィリップス』 ―宿輪純一のシネマ経済学(18)

本作品は2009年4月に実際に起こったソマリア海賊によるシージャック(人質事件)をベースとした実話。4日間にわたって海賊の人質となった船長の運命と、米国海軍特殊部隊ネイビーシールズ(Navy SEALs) による手に汗握る救出作戦。アカデミー賞候補の作品。
2013年11月26日 02時43分 JST
THE HUFFINGTON POST

予想外のことと柔軟な頭――『清須会議』−宿輪純一のシネマ経済学(15)

「清須会議」とは、本能寺の変で織田信長が亡くなった後、安土桃山時代の1582年に実際に開かれた、織田家の継嗣問題と領地再分配に関する会議である。清須とも、清洲とも清州とも書かれる。JR清洲駅までは名古屋から10分足らずである(また、観光ブームになろう)。
2013年11月05日 18時04分 JST

マネロン・テロ資金と財政の崖――『2ガンズ(2 Guns)』-宿輪純一のシネマ経済学(14)

借金に自ら制限をかけるという米国は、日本のように制限のない国と比べると、財政赤字を増やさないし、減らそうとする意識を感じるのは私だけであろうか。しかも法律で決まっている。いわゆる欧州をはじめとした先進国は少子高齢化が進み、経済成長率はどうしても下がってくる傾向は否めない。
2013年10月29日 23時13分 JST

『ダイアナ』-宿輪純一のシネマ経済学(13)

本作は元イギリス皇太子妃ダイアナの映画で、チャールズ皇太子と別居してから、36歳で亡くなるまでの期間を描いている。ダイアナは61年7月1日生まれで、97年8月31日に交通事故によってパリでなくなった。筆者よりも2歳年上であり、本作の内容は目の前で見ていた歴史であった。 
2013年10月28日 00時24分 JST

『おしん』-宿輪純一のシネマ経済学(12)

『おしん』の原作は、1983年(昭和58年)4月から1984年3月まで放送されたNHK連続テレビ小説。最高視聴率が62.9%というから、「半沢直樹」もびっくりである。1年通しのNHKドラマも珍しい。しかも、68の国と地域で見られて、最も人気のある日本ドラマということになっている。
2013年10月15日 00時30分 JST

『エリジウム』-宿輪純一のシネマ経済学(10)

本作品が注目されているのは、映像もさることながら、監督が低予算で世界に衝撃を与えた名作『第9地区』のニール・ブロムカンプだからである。本作品が長編第2作目、しかも大作であるが、どちらも出身地の"南アフリカ"に根深くある格差問題がそのベースとなっている。
2013年09月18日 17時15分 JST