profile image

宿輪純一

映画評論家、経済学博士、帝京大学経済学部教授、 慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融)、公開講義宿輪ゼミ代表

博士(経済学)・エコノミスト。映画評論家。帝京大学経済学部経済学科教授。慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融論)も兼務。1963年、東京生まれ。麻布高校・慶應義塾大学経済学部卒業後、87年富士銀行(新橋支店)に入行。国際資金為替部、海外勤務等。98年三和銀行に移籍。企画部等勤務。2002年合併でUFJ銀行・UFJホールディングス。経営企画部、国際企画部等勤務、06年合併で三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室等勤務、15年3月退職。兼務で03年から東京大学大学院、早稲田大学、清華大学大学院(北京)等で教鞭。財務省・金融庁・経済産業省・外務省等の経済・金融関係委員会にも参加。06年よりボランティアによる公開講義「宿輪ゼミ」を主催し、この4月で10周年、開催200回、会員1万人を超えた。主な著書には、日本経済新聞社から『通貨経済学入門(第2版)』、『アジア金融システムの経済学』、東洋経済新報社から『決済インフラ入門』、『金融が支える日本経済』(共著)、『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか(新版)』(共著)、『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』、『決済システムのすべて(第3版)』(共著)等がある。 Facebook宿輪ゼミ:https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/ 公式サイト:http://www.shukuwa.jp/

『ワールド・ウォーZ』-宿輪純一のシネマ経済学(8)

本作品はいわゆる「ゾンビ映画」である。この『ワールド・ウォーZ』の"Z"はゾンビ(Zombie)のZで、"最後"という意味もあるそうである。主演はブラッド・ピットで、彼の映画という印象が強い。監督はドイツ出身(最近多い)のマーク・フォレスターで、代表作は『007/慰めの報酬』、『ネバーランド』、『チョコレート』など。
2013年08月27日 15時15分 JST

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』-宿輪純一のシネマ経済学(7)

いきなりなんであるが、筆者は『スター・トレック』のファン(トレッキー)である。最初は、何回も再放送していたテレビシリーズ『宇宙大作戦』(邦題)であった。今にして思うと、何とも言えない邦題であると思う。ここが大事なのであるが、この頃から基本設定は変わらない。
2013年08月19日 17時41分 JST

『ホワイトハウス・ダウン』 - 宿輪純一のシネマ経済学(6)

『ホワイトハウス・ダウン』(White House Down)2013年(米) この映画の題名と監督がローランド・エメリッヒということで、ホワイトハウスが崩壊するディザスター・ムービーということは容易に想像がつく。本作品は、一言で言えば、ホワイトハウスのダイ・ハードのイメージ。エメリッヒ監督はドイツ生まれで、主たる作品は『インデペンデンス・デイ』(1996年)、『GODZILLA』(1998年)、『デイ・アフター・トゥモロー』(2004年)、『2012』(2009年)等にみられるように"破壊王"である。
2013年08月12日 16時05分 JST

『終戦のエンペラー』-宿輪純一のシネマ経済学(5)

8月の日本で公開の映画は、時節柄どうしても第二次世界大戦関連の映画が多くなる。この映画は8月15日の終戦の後、8月30日にGHQ(General Headquarters)最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥が厚木海軍飛行場に降り立つ、そして、9月27日の天皇陛下との会談までの1ヶ月の短い期間が中心となる。その本当に短い期間に、日本の将来が決まったのである。
2013年08月06日 14時02分 JST

『風立ちぬ』 - 宿輪純一のシネマ経済学(3)

筆者も飛行機も好きであり、本作品の中でもドイツの名門飛行機ユンカースも登場してワクワクする。また、この映画のテーマは"美しさ"ではないかとも思う。主人公の生きざまと共に、大正から昭和の町の様子や日本の原風景が、進歩したアニメ技術もあってとても美しい。
2013年07月29日 01時28分 JST

『アフター・アース』 - 宿輪純一のシネマ経済学(2)

最近の経済政策は、というか、政治の世界は、自分自身で構造改革を進めるような自己努力の長期的な政策よりも、現状維持型の"甘い"他力本願的な短期政策が増えてきているような気がする。国民もそのような政策を好むようになってきたようである。「良薬、口に苦し」型の経済政策は、最近は流行らないのである。
2013年07月12日 18時06分 JST