profile image

MiLI

一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート 社会と会社を変える働き方、組織づくりを探ります

最新の脳医学や心理学の研究成果にもとづいて、個人の幸福と組織の発展を両立させる新しいリーダーシップを探ります。
MiLI

ホンダのベストセラー商品からみえてくる、限界を突破する思考法

「もっといい会社にしよう」とか、「もっといいモノ、いいサービスをつくろう」、と思ったとき。それをリアルに考えると、さまざまな限界がみえてくる。多くの人が経験する、「ほんとうにやりたいこと」ができない限界。それを乗り越える思考を教えてくれる、ホンダの2つのベストセラー商品がある。
2014年11月28日 00時18分 JST
shutterstock

Google本社に行って蘇った「上質な妄想」の大切さ

ボストンに留学時代、よく友人たちとよくたむろしていたのがMITメディアラボだった。いつ行っても不夜城のごとく学生がたむろし、おもちゃやパズルのようなものが床に転がっていた。そんな当時(1989年)のメディアラボは、ニコラス・ネグロポンテのリーダーシップの元、学生たちが自身の手で「世界初」「世界最大」のイノベーションを生み出す場だった。そこで私が得た最大の学びの一つ、それは「上質な妄想」の大切さだ。
2014年09月13日 23時41分 JST
ruigsantos

「立ち直りの早い人」になる4つのポイント

世の中には立ち直りの早い人と遅い人がいる。そして、誰でも「早く立ち直る力」を鍛えられる、という話をしたい。立ち直るスピードを、生まれつきの性格と片づけるのは非科学的だ。なぜなら、どこから性格の違いが生まれるかは、まだ解明されていないからだ。よく「これは私の生まれもっての性格」と言うが、あれは出所不明の性格を便宜的に結論づけているにすぎない。
2014年08月31日 14時17分 JST
 

世界的権威が語る、良いビジネスを創造するための『3つの顧客』

このたび弊社では、ウェルビーイング(Well-being=身体的、精神的、社会的に良好な状態であること)の分野における世界的第一人者で、著書も世界で2000万部を超え発行されている、ディーパック・チョプラ医学博士にインタビューさせていただく機会を得た。博士は近年、ケロッグ経営大学院、コロンビア大学経営大学院でリーダーシッププログラムを教え、そしてビジネス向けマインドフルネストレーニングとして注目されているSIY(Search Inside Yourself)プログラムにも登壇が決定するなど、ビジネス分野でのリーダーシップにもその叡智を拡げている。
2014年08月24日 00時38分 JST
Christina Kennedy via Getty Images

貧困の苦難を自制心で乗り越える――荒廃した学校を立て直す「マインドフル・スクール」プロジェクト

目の前のマシュマロを15分間食べることを我慢できた子供は、成長してからの学力や収入、社会的地位、健康状態までもが、平均して高い大人になる――。そんな、「マシュマロ・テスト」と呼ばれる有名な研究報告がある。これはスタンフォード大学のウォルター・ミシェル博士らによる研究で、186人の4歳児を対象に行われた。対象になった子どもたちを追跡調査し、子供の社会行動調査の中で最も成功した調査の一つとされているものだ。
2014年06月26日 22時29分 JST