profile image

長有紀枝

AAR Japan[難民を助ける会]理事長、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・立教大学社会学部専任教授

1963年東京に生まれ、茨城県で育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。 外資系銀行に勤務後復学、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。 外資系企業に勤務しつつ、1990年よりAARにてボランティアを開始、1991年よりAARの専従職員となる。旧ユーゴスラビア駐在代表、常務理事・事務局次長を経て、専務理事・事務局長(00-03年)。この間紛争下の緊急人道支援や、地雷対策、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)の地雷廃絶活動に携わる。 2003年にAARを退職後、2004年より東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム博士課程に在籍し、2007年博士号取得。 2008年7月よりAAR理事長。2009年4月より2010年3月まで立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任教授。 2010年4月より立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・立教大学社会学部専任教授。
ASSOCIATED PRESS

銃と靴、そして停戦の崩壊

マララ・ユスフザイ「ニュースの映像をみて思う。あのふんだんな銃や武器。あれを供給しているのは一体誰なのか、誰が金を出しているのか」
2016年09月24日 00時14分 JST
ASSOCIATED PRESS

バングラデシュの衝撃

私たち一人ひとりが日常生活でとれる対抗策は、あらゆる場所で、またあらゆる次元で、多様性を認め、その多様性を尊重し続けることであるように思います。
2016年07月06日 21時36分 JST