BLOG

ホンダ「アコード」が2年連続で受賞! アメリカが選んだ2014年の「10ベストエンジン」

2013年12月19日 02時00分 JST | 更新 2014年02月16日 19時12分 JST

2013-12-18-BMW535d14.jpg

米の車雑誌『Car and Driver』誌による2014年の「10ベストカー」のノミネート選考リストが決まるなど、今年も賞のシーズンが本格的にやってきたようだ。今回は毎年恒例となっている、自動車業界誌『Ward's Automotive』による来年の「10ベストエンジン」賞が以下のように決まったのでご紹介しよう。

<2014年ベストエンジン>

3.0リッター TFSIスーパーチャージャーDOHC V型6気筒(アウディ「S5」)

3.0リッター ターボディーゼルDOHC 直列6気筒(BMW「535d」)

3.0リッター ターボディーゼルDOHC V型6気筒(ダッジ「ラム1500」)

電気モーター(83kW)(フィアット「500e」)

1.0リッター エコブーストDOHC 直列3気筒(フォード「フィエスタ」)

2.0リッター ターボディーゼルDOHC 直列4気筒(シボレー「クルーズ」)

6.2リッター OHV V型8気筒(シボレー「コルベット・スティングレイ」)

3.0リッター SOHC V型6気筒(ホンダ「アコード」)

2.7リッター DOHC 水平対向6気筒(ポルシェ「ケイマン」)

1.8リッター ターボチャージャーDOHC 直列4気筒(フォルクスワーゲン「ジェッタ」)

今年の選考では、ディーゼル向けやターボチャージャー付きのものが目立つ中、EVのフィアット「500e」が搭載する最高出力83kW(111hp)の電気モーターもリスト入りを果たしている。選ばれた10台の中で、自然吸気エンジンは3つのみで、昨年から引き続き入賞したのはホンダ「アコード」の3.5リッターV型6気筒エンジンと、アウディS5」のTFSI スーパーチャージャー付き3.0リッターV型6気筒エンジンの2台だった。同誌のドリュー・ウィンター編集長はこの変化について「選考の結果でがっかりさせるつもりはない。ただ我々は、パワートレインの種類が豊富になったことに本当に感心している」と語っている。

クライスラーグループフォルクスワーゲングループは傘下のブランドから2車種のエンジン(クライスラーはダッジ・ラムとフィアット、フォルクスワーゲンはアウディとフォルクスワーゲン「ジェッタ」)をランクインさせているが、シボレーのみが単独でクルーズとコルベットの2車種のエンジンをランクインさせる快挙を遂げている。

『ワーズ・オートモーティブ』誌のプレスリリース(英語)に各エンジンについてのコメントも載っているので、そちらもお見逃しなく。

【関連記事】

(こちらは2013年12月16日に掲載されたAutoblogの記事「ホンダ「アコード」が2年連続で受賞! 米が選んだ2014年の「10ベストエンジン」」を転載したものです)

2013 Honda Accord Sport First Drive Photos