BLOG

『007スペクター』のボンドカー、アストンマーティン「DB10」がオークションに

2016年01月26日 15時16分 JST | 更新 2017年01月25日 19時12分 JST

2016-01-26-1453781897-4517308-astonmartindb10auction0011.jpg

人気映画『007』シリーズの24作目『007スペクター』でダニエル・クレイグがアストンマーティン「DB10」に乗ってローマの街を走り抜ける姿を観た人は、誰もがこのクルマを運転してみたいと願ったことだろう。そんな夢のような話が実現するかもしれない。2月18日、ロンドンで開催されるクリスティーズの公開オークションに、この希少なボンドカーが出品されるのだ。

同社は落札価格が100万ポンド(約1億7,000万円)を超えると予想している。見事に競り落とした人は小切手にサインした後、気持ちを落ち着かせるためにマティーニ(ステアせずに、シェイクで)が要るだろう。なお、収益はNGO「国境なき医師団」へ寄付されるという。

アストンマーティン DB10はジェームズ・ボンドが乗るために特別にデザインされたモデルで、10台のみが製造された。その名前から想像されるような「DB9」ではなく「V8ヴァンテージ」をベースにしており、カーボンファイバー製ボディに、4.7リッターV型8気筒エンジンと6速マニュアル・ギアボックスを搭載している。

撮影のために製造されたDB10はその多くが何らかの特殊な改造を施されているが、今回のオークションに出品されるのは展示用のショーカーとして製作された2台のうちの1台。ロンドンのアルバート・ホールで行われた映画のワールド・プレミアに展示された車両だ。この作品でジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグ氏のサインが入っている。

ジェームズ・ボンドが使用したクルマを手に入れられるのはとても魅力的だが、実際にDB10でドライブに出掛けることは難しいだろう。なぜなら、アストンマーティンは"訓練されたドライバーが撮影のためだけに運転する"という限定された目的のためにDB10を製造したので、このクルマは公道を走らせるためのいかなる認可も取得していないのだ。クラッシュ・テストや排ガス試験も受けていないし、一般的な使用において求められる耐久性も保証されていない。

とはいえ、サーキットや私有地で、秘密諜報員の真似をして楽しむことはできる。

By Chris Bruce

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【関連記事】

(2016年1月26日 Autoblog日本版「『007スペクター』のボンドカー、アストンマーティン「DB10」がオークションに」より転載)

▼画像をクリックするとスライドショーが開きます▼

007を彩った美女たち 歴代ボンドガール(画像集)