Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Autoblog日本版 Headshot

BMWがパラリンピックに本気を出した。競技用車いすが美しい

投稿日: 更新:
印刷

BMWは最近、2つの全く異なるが同じくらい素晴らしい車輪付きの乗り物を発表した。

1つ目は新型「M4 GTS」のセーフティーカーで、熾烈な競い合いから人気が高いドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)のために特別に用意されたもの。

世界限定700台の市販モデルと同じく、ウォーター・インジェクション・システムを備えた最高出力500hpの3.0リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載するが、セーフティーカー用にカラーリングが施され、ルーフのLEDライトや無線通信機器を装備する。6点式シートベルト、ロールバー、消火器などのサーキット走行用装備は、市販モデルにも無償オプションとして用意されている「クラブ・スポーツ・パッケージ」だ。

Close
Team USA Racing Wheelchair by BMW DesignWorks
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2つ目にご紹介するこの新型BMWには、エンジンが搭載されていない。にもかかわらず、非常に強い印象を与える"レース用マシン"だ。

これはBMWデザインワークスがデザインを手がけた競技用車いすである。このプロジェクトは、BMWグループと米国オリンピック委員会がパートナーシップを締結したことに端を発し、カーボンファイバー製の車体はエアロダイナミクスを考慮して設計されている。米国パラリンピック陸上チームのメンバーは、9月7日からブラジル・リオデジャネイロで開催されるパラリンピック競技大会を前に、この車いすの性能を更に向上させるために協力するという。

なお、長年にわたってBMWのドライバーを務め、両足を切断する事故に見舞われながらも見事に復活を果たしたアレッサンドロ・ザナルディ選手はイタリア・チームから今年のパラリンピックに出場するが、彼がひょっとしたらこの競技用車いすの開発に携わっていたとしても、我々は驚かないだろう。

Close
BMW M4 GTS DTM Safety Car
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2016年5月2日Autoblog日本版「BMW、DTMセーフティカーの「M4 GTS」と、パラリンピックの競技用車いすを発表」より転載)

【関連記事】

他のサイトの関連記事

パラ陸上の日本選手権開幕 リオ代表目指し熱戦

鳥取)日本パラ陸上大会 鳥取市で30、1日開催

リオ出場へ弾み 車いす2位・木山さん