Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Autoblog日本版 Headshot

1000馬力に改造された1975年式トヨタ「セリカ」がドラッグレースに挑戦したら、衝撃の光景がうまれた(動画)

投稿日: 更新:
印刷

africa refugee

昨夜、筆者は自分のMINIに新しいタイヤとホイールを装着した。100%間違いなく取り付けたはずだが、これから運転する時はしばらく、新しいKosei K8Rホイールを留めているラグナットが外れたりしないだろうかと、心配することになるだろう。このビデオを見たらその不安は増すばかりだ。

1975年式トヨタ「セリカ」のスタートは上々だった。伝説的なトヨタ製「2JZ」型エンジンに載せ替えられ、約1,000hpという凄まじいパワーを発揮する。テキサスで開催されたドラッグレースとロールレース(2台のクルマが走行状態からスタートするレース)のイベント「TX2K16」に出場したセリカは、音も走りも非常に良く、いくつかのレースをこなした。手強い日産「GT-R」と戦ったあとは、アウディ「R8」との対戦を手早く片づけ、シボレー「カマロSS」を破ったレースではスタートに失敗しながらもクォーター・マイル(約400m)で10.21秒を記録。その後、まさしく車輪が外れたのである。

この悲惨な場面だけを見たければ、ビデオの3分30秒あたりから再生してほしい。2JZを積んだセリカが力強いバーンアウトをして勢いよく発進しようとした瞬間、運転席側の後輪を留めていたラグナットがバラバラに吹き飛んでしまっている。嬉しい出来事ではないが、なかなかすごい光景である。そしてよく考えてみれば、このドライバーの腕前は大したものだ。

それでは早速、ビデオをチェックしてほしい。私はガレージに行って、MINIの車輪がきちんと留まっているかもう一度確かめてみるつもりだ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2016年5月5日 Autoblog 日本版「【ビデオ】1,000馬力のトヨタ「セリカ」がドラッグレースに挑戦! パワーに耐え切れず車輪が脱落」より転載)

【関連記事】