BLOG

日本車は10台がランクイン! イギリス誌がこの20年で最も優れた車TOP50を発表

2013年09月24日 17時41分 JST | 更新 2013年11月23日 19時12分 JST

2013-09-24-080407ar8cspider011.jpg

オートブログでもおなじみの英BBCの人気番組『トップギア』。この番組の雑誌(名前は同じく『トップギア』)が創刊20周年を迎え、その記念として、過去20年における最も優れた車トップ50を選出したのでお伝えしよう。

英の雑誌ということで、ラインナップは若干ヨーロッパ寄りとなっており、例えば、米の自動車メーカー、シボレーの「ボルト」がランク外である一方で、その兄弟車である英のヴォクソール「アンペラ」はランクインしている。また、米のスポーツカーに関して言えば、ランクインしたのはフォード「GT」のみで、ダッチ「バイパー」やシボレー「コルベット」は漏れ、マッスルカーに至ってはその姿すらない。ただ、英の自動車メーカー・ブランドであるジャガーは1台もランクインしておらず、必ずしもヨーロッパびいきとは言えなさそうだ。ちなみに日本車は10位にレクサス「LFA」、11位に「プリウス」、13位に「GT-R」など計10台がランクインしている。

ランキング全体を見てみると、やっぱり! というような顔ぶれになってはいるが、なぜ? と首をかしげたくなるような選出もいくつか見られる(例えば、ルーマニアの自動車メーカー、ダチアの「ダスター」など)。とは言え、なかなか興味深いクルマもいくつか登場しており、一見の価値はありそうだ。

さて、あなただったらどんな車をトップ50に選ぶだろうか?『トップギア』のHPにランキングが発表されているので、ぜひチェックしてほしい。

こちらはAutoblogの記事「日本車は10台がランクイン! 『トップギア』誌がこの20年で最も優れた車TOP50を発表」を転載したものです