BLOG

2012年 衝突しても安全な車ランキングベスト20!(国内編)

2013年09月13日 22時20分 JST | 更新 2013年11月13日 19時12分 JST

2013-09-13-imp02.jpg

2012年ははエコカー補助金もあり、燃費性能や環境性能が高い車が注目を浴びたが、自動車選びのポイントとして安全性能も忘れてはならない。そこで今回2012年を振り返り安全性能の高い車を紹介していきたい。

2013-09-13-imp01.jpg

今回国内編としてのランキングは、独立行政法人自動車事故対策機構が行っているJNCAP(日本新車アセスメントプログラム)のテスト結果に基づいている。以下のランキングの対象車両は平成23年度以降のテスト実施車種であり、特に売れ筋車種についてのみの試験が行われている。

新安全評価5つ星は、以下の6車種

1位スバル「インプレッサ」(SCA付)181.8点、 

2位トヨタ「カローラ アクシオ/フィールダー」179.7点

3位トヨタ「レクサスCT200h」179.6点、     

4位スバル「レガシイワゴン」177.6点

5位スバル「インプレッサ」174.2点       

6位日産「エルグランド」173.1点

新しい車が上位を占めている。年々車両の安全性が高まっていることが考えられる。

新安全評価4つ星

7位トヨタ「プリウスα」173.1点

8位日産「リーフ」169.8点(初期型)

9位トヨタ「86」168.8点

10位トヨタ「ヴィッツ」166.5点

11位トヨタ「アクア」165.3点

11位トヨタ「ラクティス」165.3点

13位BMW「X1」160.5点

14位アウディ「A1」157.9点

15位ホンダ「N-BOX」157.7点

16位ダイハツ「ミラ・イース」153.4点

比較的安全性が高いと定評があるドイツ車等が4つ星評価ということなので、この試験の厳しさがこの点からも伺える。

新安全評価3つ星

17位スズキ「スプラッシュ」145.2点

18位スズキ「ソリオ」143.5点

19位日産「モコ」/スズキMRワゴン

20位フィアット「500」138.6点

やはり、コストやサイズ面から衝突試験に対して不利なのか小さい車両が比較的3つ星となっている。高速走行などほとんどしない街乗りの車に重い安全装備はナンセンスとの考え方もあるが、軽、コンパクトでも4つ星のものも多数あるので、より上位をめざして開発して欲しいものだ。

上記の車両は売れ筋の車種をピックアップして行ったテストの中での順位であるので、記載されていない車両がテスト結果が悪いというわけではなくまた、上記ランクで下位のモデルは著しく安全性が低いということではない。また、すべての事故が試験と同じ結果になるわけではないのであくまで参考得点ということはご理解いただきたい。昨年度の最高得点は」179.6点とのことで、上位2車種が昨年の最高得点車を上回った。

2013-09-13-imp03.jpg

スバル「インプレッサ」は5位にも入っているが1位にも入っている。1位のスバル「インプレッサ」はメーカーオプションのSCA(サイド、カーテンエアバック)を装着しており、高得点を獲得している。左の写真は5位の車両で、右の写真が1位の車両となっている。写真のようにカーテンシールドエアバックが側面衝突時に頭部を守るのに非常に有効なことは一目両全であろう。より安全性を追求する人はSCAが選べるグレードを選択して欲しい。

最高得点車のスバル「インプレッサ」(SCA付)の衝突試験動画(前面)

最高得点車のスバル「インプレッサ」(SCA付)の衝突試験動画(側面)

今回は安全な車として、衝突安全性能の高い車を紹介したが、衝突する前にまずは、事故を回避する性能が重要となってくる。2013年はこのような衝突事故が起こらないように気を引き締めて運転したい。

【関連記事】2012年 国内自動車メーカー低燃費ガソリン車ランキング ベスト5!

【関連記事】【CEATEC JAPAN 2012】三菱の「アウトランダー PHEV」は、電気が主役のプラグイン・ハイブリッド!

【関連記事】【試乗記】「ヒュンダイや起亜は足元にも及ばない!」 トヨタ「カムリハイブリッド」

【関連記事】スズキ、ガソリン車No.1低燃費の「アルト エコ」に改良を施し、33km/リッターを達成!

【関連記事】【レポート】ディーゼルが主流のヨーロッパで トヨタのハイブリッド車が絶好調!

こちらはAutoblogの記事「2012年 衝突しても安全な車ランキングベスト20!(国内編)」を転載したものです