BLOG

「アップルはテスラを買収すべき」という銀行アナリストの書簡が話題に

2013年11月05日 21時00分 JST | 更新 2014年01月05日 19時12分 JST

2013-11-05-1383203033.jpg

独ベレンベルク銀行のアナリスト、アンダーン・アハマド氏が、ティム・クックCEO宛ての公開書簡で、"アップルテスラモーターズを買収すべき"と呼びかけたという。

ビジネスサイト『CNN Money』が報じたところによると、アハマド氏は書簡の中で、「(今のアップル社は)iPhoneで利益を生み出していけるかどうかにかかっている」と指摘。モバイル分野だけでなく、自動車産業へ参入し増収を図るべきだとアドバイスしたという。また、テスラモーターズCEOのイーロン・マスク氏のカリスマ性を評価し、同氏をアップル社に取り込むことでスティーブ・ジョブズ氏が亡くなり落ち込んでいる同社の勢いを取り戻せると綴っている。

以前からアップルが車業界へ参入するという噂はあっただけに、考えられなくはない話だ。今後の両社の動きに注目したい。

こちらはAutoblogの2013年の11月1日の記事「【レポート】"アップルはテスラを買収すべき!"という銀行アナリストの書簡が話題に」を転載したものです

テスラモーターズ画像集